鼓動点滅ユニットのサイズ・接続方法について

鼓動点滅ユニットのサイズ・接続方法について

昨日公開させていただいた鼓動点滅ユニットですが、みんカラでもお声がけさせていただき、多くの方からご購入意思の表明をいただきました!

本当にありがとうございます!!m(_ _)m

ユニットのサイズと接続方法についてご質問いただいたので、まとめさせていだきます。

ユニットサイズについて

ユニットサイズは現在はサンプル品なので、正式版でのサイズは未定です。
参考までに、現在のサイズはタバコの箱くらいの大きさです。

サイズが分かり次第、販売ページを更新させていただきます。

2019.01.16追記

また、ユニットのサイズですが、基盤サイズは20mm×45mmで決定しました。部品を実装した状態で圧縮チューブに入る程度の大きさになります(ケース仕様も選択可)。

適合車両について

適合車両は販売ページにまとめておりますが、イルミネーテッドエントリーに対応していることが条件になります

イルミネーテッドエントリーとは、車両がスマートキーを検知した場合に、プッシュスタートスイッチを点灯させる機能です。
鼓動点滅ユニットは、このイルミネーテッドエントリーの点灯を鼓動点滅に変換するユニットだとご理解ください。したがって、イルミネーテッドエントリーに対応していない車両では鼓動点滅はできませんのでご注意ください

なお、通常のスモールONでの点灯は、常時点灯のままで鼓動点滅にはならないようにしていますのでご安心ください。

自分の車両がイルミネーテッドエントリーに対応しているか否かは、スマートキーを持って乗り込んでプッシュスタートスイッチが点灯するかどうかで判断することができます。

スマートキーに反応してプッシュボタンが点灯することが鼓動点滅の条件

2019.01.16追記

鼓動点滅の条件は、イルミネーテッドエントリーに対応していることだけですので、プッシュスタートスイッチは必ずしもLS/LCのスイッチを使う必要はありません

トヨタ車はもちろん、スバルやマツダ車の純正スイッチのまま鼓動点滅化させることも可能です

接続方法について

接続については、LS/LCの純正スイッチに接続されている純正配線のうち、スイッチイルミの配線をカットして、配線の間に鼓動ユニットを割り込みさせます。

あとはACC、アースを接続するだけです。

ACCは車種によって異なりますが、一番確実なのは足元のヒューズボックスです。自分も足元ヒューズボックスから分岐を予定しています。
もちろん、運転席周りやアクセサリーソケット裏、ナビ裏などでACCを取っていただいても構いません。

アースはどこでもOKです。アース用のボルトにボディーアースでもOKですし、GNDの配線に繋げてもOKです。おそらくスイッチ配線の共通GNDに繋いでもOKだと思いますが、実車でテストして問題なければそのように取付マニュアルに反映させたいと思います。

2019.01.20

アースはプッシュスタートスイッチのGND配線に繋ぐことでも動作することを確認しました
もちろんボディーアースでも問題ありません。

以上をイメージ図としてまとめたのが下記の図です。配線の色は未確定なので、仮として見ていただければと思います

配線のイメージ

取付マニュアルではNXを例に内張りの外し方~配線まで写真入りで解説します

純正の車両配線をカットしたくない場合は、電源取得の割り込みカプラーを作成してください。割り込みカプラーにすることで、他車種に乗り換えた時も移植がしやすくなるのもメリットです。

カプラーは配線コムで購入が可能です。スイッチ側には10極メスカプラーを使用し、車両側には10極(スイッチにインジゲーターがない場合)または14極(スイッチにインジゲーターがある場合)のオスカプラーを使用します。

10極メスカプラー

10極オスカプラー

14極オスカプラー

その他、質問がございましたらコメント欄でもお問い合わせページでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

 



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら2つのサイトで見積を依頼してみました。

自動車保険一括見積もりサービス インズウェブ(SBIホールディングス)
自動車保険一括見積もり依頼サービス 保険スクエアbang!

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の2つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。
実際に加入した私の保険見積書も公開しております!