コムテックドライブレコーダーHDR-751G実写映像

コムテックドライブレコーダーHDR-751G実写映像

自分のレクサスNXにはフロントドライブレコーダーとして、コムテックのHDR-751Gを装着しています。

自分が購入した時よりも価格がこなれて、3,000円ほど安くなっています。

約半年たちましたが、現在でも駐車監視も含めた機能や使いやすさではナンバー1のモデルです

実際に事故時の証拠映像としてはどうなの?というのは気になるところだと思いますので、実際にレクサスNXに装着して録画した映像をレビューしてみます

取り付け後の外観

ドライブレコーダーはフロントガラスの助手席側ミラー裏に装着しています。

車内からはこんな感じ。

車内から見たところ

運転席からはカメラ本体は見えません。助手席の奥さんに聞いても気になることはないとのことです。

外から見てもほとんど目立ちませんね。

外から見たところ

デザインを損なわないのは非常にいいと思います。

HDR-751Gの実写映像

実際の録画映像がこちら。昼間・夜間でそれぞれ一般道、高速をそれぞれ撮影してみました。

撮影の設定は、下記の通りです。

録画サイズ:Full HD
画質:高画質
画像補正:HDR
カメラ輝度:標準

HDR-751Gの実走行映像の評価は?

視野角

HDR-751Gはトップクラスに録画視野角が広いので、事故時の状況証拠としては十分活用できると思います

解像度・ナンバー認識精度

視野角が広いということは、その反面各物体が小さく映りますので走行中のナンバー認識能力は低め

相手との相対速度にもよりますが、ある程度近づかないとナンバーが読み取れません(事故=接触なので問題ないかもしれませんが)。

夜間も高感度ノイズで同様にナンバーの認識が難しくなります

駐車監視時は、自車は当然停止しており、相手も徐行していると思われるので、ばっちりナンバー撮影ができると思います。

画質・明るさ

Youtubeにアップロードしたため、圧縮で画質が低下していますが、Full HDなので十分画質はいいです旅行記録としても十分活用できると思います

HDRもいい感じに効いていて、昼間・夜間ともにトンネルに入る時・出る時ともにしっかり補正され、周囲の明るさに追従しているのが分かります

夜間もナンバー認識精度は下がるものの、状況はよく撮れているかなと。

総評

ナンバー読み取り精度を上げるためには、4KやWQHDなど高解像度化と60Pなどのフレーム数を増やす必要があるかと思いますが、高価格になり、録画データサイズもFull HDの何倍にもなるので、バランスが難しいところです
画素数を増やすと、1画素あたりの受光量が減るので夜間での画質も悪化してしまいます。

それを考えると、状況証拠、駐車監視機能としては現在のところやはりHDR-751Gがベストだと思います

HDR-751Gを検討されている方がいれば、参考になれば幸いです。



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら3つのサイトで見積を依頼してみました。

自動車保険一括見積もりサービス インズウェブ(SBIホールディングス)
楽天自動車保険一括見積もり
自動車保険一括見積もり依頼サービス 保険スクエアbang!

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。
実際に加入した私の保険見積書も公開しております!