レクサスNXに”F SPORT”純正フロントリップスポイラーを移植(予定)

レクサスNXに”F SPORT”純正フロントリップスポイラーを移植(予定)

LIFE with NXからのお知らせ①

鼓動点滅ユニットが2個だけ追加で納品されました。
ご興味がある方はこちらをご覧ください

LIFE with NXからのお知らせ②

ほぼ新品に近い状態のレクサスNXオプション18インチホイールと国産スタッドレスタイヤをセットでお譲りします。
ホイール・タイヤともに非常に状態は良いです。ご興味がある方はこちらをご覧ください


天気がよければ新ホイールで写真撮影をしてこようかと思ったのですが、あいにくの天気となってしまいましたのでブログを書いていますw

本題ですが、タイトルの通り、レクサスNXに”F SPORT”の純正フロントリップスポイラーの移植を予定しています。

色々確認して目途が立ちましたのでご報告です。

“F SPORT”フロントリップスポイラー移植決意までの経緯

装着を計画するにあたってCGでイメージを作成してみましたので、それを使いながらNXの外装の変化を振り返ってみます。

納車当初

まずは納車当時。私のNXは2018年式のNX300 “I package”です。
実際はオプションの18インチを装着していますが、画像のホイールは”version L”のノーマルホイールです。また、ムーンルーフ・ルーフレールも画像には付いていません。

標準の”I package”

メッキサイドガーニッシュの装着

この状態からまずはメッキサイドガーニッシュを装着しました。

CGに追加してみます。

メッキサイドガーニッシュを追加装着

ボディがソニッククォーツなこともあり、CGでは分かりにくいですが、ドアの下側にメッキガーニッシュが追加されています。
ドアサイドのメッキガーニッシュは個人的にはレクサスにはマストなアイテムだと思っています。質感も良くなるので、お気に入り。

ランニングボードの装着

この状態から、昨年末にランニングボードを装着しました。

今度はランニングボードを追加してみます。

ランニングボードを追加装着

ランニングボードは国内未発売なので、誰も装着しておらず、お気に入りのアイテムです。

ちょうど最近購入依頼をいただきましたが、もしご検討中の方がいらっしゃれば、お乗りのNXのカラーで装着イメージのCGを作成してみますよ^^
基本純正色は全て作成可能ですし、”F SPORT”でも作成可能です。

下のはハイブリッドの”F SPORT”<ソニックチタニウム>へランニングボードを追加したイメージですが…めちゃくちゃカッコイイなこれ
やはりSUVにランニングボードは似合いますね。しかも純正然。

ハイブリッドの”F SPORT”<ソニックチタニウム>へのランニングボード装着イメージ

フロントサイドガーニッシュの装着

話を戻しますが、ランニングボードを装着すると、少しフロントアンダーが寂しくなりましたので、こちらも国内未発売のフロントサイドガーニッシュ(鏡面メッキ仕様)を装着しました。

CGに追加してみましょう。

フロントサイドガーニッシュを追加装着

サイドとのバランスはよくなりました。サイドガーニッシュからの繋がりもいいですし、スピンドルグリルのフレームとの相性もバッチリです。

ただ、見慣れてくると、もう少し立体感が欲しくなってきます

フロントに立体感が欲しくなってきました

はい、自分でも分かっていますが、完全に儘ですね笑

純正・社外のエアロは自分には派手過ぎてそこまでのは不要だし…と考えながら辿り着いたのが、“F SPORT”の純正フロントリップスポイラーです。

“F SPORT”の純正フロントリップスポイラーの装着イメージを見てみます。

“F SPORT”純正リップスポイラーを追加装着

上のソニックチタニウムのサンプルでお気づきになられたかもしれませせんが、サイドに張り出したランニングボードが描くラインが、そのままフロントサイドに張り出した”F SPORT”純正リップスポイラーに繋がり、金属調加飾のフロントの立体感に繋がっていきます

ランニングボードのサイドのラインがそのままリップスポイラーに繋がるデザイン

これは斜めから見ているイメージですが、おそらく真横から見ると、ラインのつながりが一層感じられるんじゃないかと思います。

やはり“F SPORT”仕様のほうが一体感があって好みです。

と、いうわけで”F SPORT”純正リップスポイラーの装着を決意。

ちなみにメッキサイドガーニッシュが悪いわけでは決してありませんので^^;
価格も比較的安く、両面テープで貼るだけで大幅に質感アップが図れるので、これはこれでいいものだと思います。
(”F SPORT”純正リップですと部品代と工賃で4万円以上になりますので…)

というか、自分も”F SPORT”純正リップが高い・取り付け困難ってことでガーニッシュにしたわけですが笑

“F SPORT”純正リップスポイラーの装着準備

装着を決めた”F SPORT”純正リップスポイラーですが、装着には当然部品が必要です。
部品については、THINK DESIGNさんが丁寧にまとめてくれていますので、こちらを参照すればいいでしょう。

部品は共販で発注できるのですが、問題は作業をやってくれる店があるかということです。

THINK DESIGNさんのページを見る限り、DIYでは不可能です。私のような素人がクリップと格闘したところで、バンパーに傷を付けることは目に見えています。設備の面でもリフトはないですし、バンパーを下ろして作業できるような場所もありません。

とはいえ、THINK DESIGNさんはちょっと遠い…。

みんカラなどではディーラーでやっていただいた事例もあるので、私の担当ディーラー(都内)に聞いたところ、受付不可とのこと。
純正部品ですが、正規の取り付けではないので対応外とのことでした。さすがトヨタ直営だけあって硬い…(都内のディーラーの運営会社についてはこちら)。

そこで近隣の部品持ち込み可の複数のショップに取り付け可否と見積を確認したところ、なんと1店舗を除いて全店で取り付け可とのことでした。
費用は安い所で7,500円、高いところで16,000円、平均10,000円程度でしたので、ディーラーから近く安心できそうなショップだったので、工賃7,500円のお店で早速来週の土曜日に入庫の予約をしました
※今回の移植で工賃を安くするためのポイントがありますので、ご興味のある方はお問い合わせください。これにより最初の見積から3万円~4,000円ほど工賃が安くなりました。

部品についても来週の土曜日に受け取り可能とのこと。

エクステリアはほぼ完成

フロントリップ装着後にホイールとあわせて来週こそ撮影してみたいと思います(やはり天気次第ですが…)。

これでエクステリアはほぼ完成です。あとは冬のホイールくらいでしょうか。

欲を言えば、球屋さんのリアシーケンシャル+サイドマーカー加工、ヘッドライトのサイドマーカー+ロゴ発光加工などもしたいのですが、予算的に完全にアウト笑

そうは言っても、肩口パワーシートスイッチも当初の計画にはなかったですし、きっと何か新しいネタを見つけるんでしょうね笑



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら3つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!