レクサスNXにトヨタ純正センチュリー リアドア用ウェザーストリップを装着

レクサスNXにトヨタ純正センチュリー リアドア用ウェザーストリップを装着

LIFE with NXからのお知らせ①

鼓動点滅ユニット”version 2″が完成しました。即納可能なフリー在庫は残数あと僅かとなりました(9/4)。
注文はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ②

9/22頃を予定していたタイヤ空気圧表示ユニットは全て完売しました。現在次回納品分の予約希望を受付中です。フリー在庫は少量なため、いつも入荷前に完売していますので、購入希望者はお早めにご連絡ください。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ③

ステアリングヒーター自動ONユニットの受注生産を9月末までの限定で受け付けしています。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

レクサスNXにトヨタ純正センチュリー リアドア用ウェザーストリップを装着しました。

定番ではあるので今更かもしれませんが…。

センチュリー リアドア用ウェザーストリップの概要

その名の通り、2代目センチュリーで採用されていたリアドア用のウェザーストリップ(水滴や風切り音等が車内に入ることを防ぐモール)です。

レクサスNXの場合、フロントは標準でウェザーストリップを装備しているのに、リアには装備していないのです。

レクサスNXのリアドアはウェザーリストリップなし

そこで、他車種でも定番のセンチュリー用のウェザーストリップの流用がNXでも活躍します。

純正品番はこちら。

運転席用 67857-40010

助手席用 67858-40010

各税別790円

楽天でも購入可能です。

取付けの手順

手順というほどでもありませんが…笑

センチュリーのウェザーストリップは、他車種だけあってフィッティングが完璧というわけではないので、接着力を確保するための脱脂はしっかり行いましょう。

事前の脱脂はしっかりと行うのがおすすめ

自分は安くて大容量なので、ブレーキクリーナーをよく使っています。

続いて、ウェザーストリップ付属の両面テープで固定していきます。

窓の部分はこのような感じです。

窓部分

上から順番に貼り付けていきますが、あまり引っ張りすぎても粘着力が出ないのでほどほどがいいと思います。

上から順番に装着

フェンダー部分は、溝がなくウェザーストリップをボディ外側の面で固定できないので、内側部分で固定します。

余った部分はカットして完了です。

リアフェンダー部の処理

逆側も同様です。

センチュリー リアドア用ウェザーストリップの評価と感想は?

装着後はこのような感じになります。

ウェザーストリップ装着後

ボディ内側で処理したフェンダー部分も自然な感じです。

肝心の水滴防止や風切音防止の効果ですが、正直装着前後での違いが分かりません

したがって、かなり自己満足なパーツに近いと思いますが、値段も安いですしないと気になるという方は装着されるといいのではないかと思います。

費用:約1,600円
満足度:★★★☆☆
難易度:★☆☆☆☆
作業時間:10分

新規記事が公開された際のお知らせメール配信サービスを開始しました。
新規記事公開通知の登録/登録解除はこちら

記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

レクサス車の購入をご検討中の方へ

レクサスでは基本的に車両本体・メーカーオプションの値引きはゼロですが、既存オーナーからの紹介を受けることによって、ディーラーオプションのサービス等の特典が受けられます

紹介キャンペーンの詳細はこちらにまとめています。

当方からディーラーのご紹介が可能ですので、都内近郊でレクサス車をご検討中の方はお問い合わせよりご連絡くださいませ。


愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら2つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!