レクサスLCコンバーチブル&レクサスUX300e発表

レクサスLCコンバーチブル&レクサスUX300e発表

LIFE with NXからのお知らせ

鼓動点滅ユニットが納品されました。残りの在庫は2個となります。
先着順となりますので、ご興味がある方はこちらをご覧ください。


前回の更新からだいぶ日が開いてしまいました…、がブログはやめませんのでご安心ください笑

スタッドレスタイヤへの換装は12/1週を予定していますので、その週末(12/7頃)にはレポート出来ると思います(天気が良ければですが…)。

鼓動点滅ユニットも在庫はまた無くなってしまったのですが、近日中に少量ですが再度発注予定です
ご興味がある方はこちらからお問い合わせください。

さて、タイトルの件ですが、先週はレクサスから新型2モデルの発表がありましたね。

1モデル目は11月20日にロサンゼルスオートショーで発表された「LC500」コンバーチブルモデル

LC500 コンバーチブルモデル

2モデル目は11月22日に広州モーターショーで発表されたレクサスブランド初の市販EV(電気自動車)「UX300e」

UX300e

既に皆さんご存知かと思いますので、簡単にまとめておきたいと思います。

レクサスLC500 コンバーチブルモデル

以前はレクサスにもSCやIS Cといったコンバーチブルモデルがラインナップされていましたが、いずれも販売を終了し、現在ではレクサスにはコンバーチブルモデルはラインナップされていませんでした。

以前販売されていたレクサスSC(旧トヨタソアラ)
以前販売されていたレクサスIS C

コンバーチブルモデルは数自体は出るものではありませんが、ラグジュアリーブランドとしてはイメージ戦略の面では重要なモデルであり、レクサスの弱点でもありました。

今回LC500のコンバーチモデルを出したことで、その穴を埋めた形になります。

以前のSCやIS Cはハードトップ(メタルトップ)でしたが、LCはソフトトップとなる点が異なりますが、ルーフに採用したソフトトップは、4層構造とすることで優れた静粛性を実現させると共に、材質や質感を吟味してシワの寄らない最適な張り具合にこだわることでクーペのような美しいルーフラインを目指したと言います。

レクサスLC500 コンバーチブルモデルはソフトトップを採用

確かに素晴らしく綺麗なルーフラインになっていますね。

4層構造のソフトトップをルーフに採用

インテリアは風の流れをコントロールするウィンドディフレクターや、ネックヒーター、ルーフ開閉ボタンが追加された以外は既存モデルとほぼ同様ですが(一部専用配色あり)、シート形状がコンバーチブルモデル専用になっています。パーフォレーション(パンチング穴)のデザインも非常にオシャレなシートで素直にカッコいいと思えるデザインになっています。

レクサスLC500 コンバーチブルモデルのインテリア
ウィンドディフレクター
ネックヒーター付きの新デザインシート
ルーフ開閉ボタン

ボディ剛性の面ではルーフがない分、ボディのブレースの配置や形状を徹底的に追求し、リアサスペンションタワーブレースには形状自由度が高く、軽量かつ高剛性なアルミダイキャストを採用。加えて床下ブレースの採用やマグネシウム、アルミニウムなどの軽量素材を最適配置して、高剛性と軽量化を両立。そのほかにも「パフォーマンスダンパー」を採用して、上質な乗り心地とドライバーの意図に忠実な優れた運動性能を実現させたとしていいます。

ボディ全体の構造やブレースの最適な配置・形状を作りこみ、ドライバーの意図に忠実な運動性能を実現

日本では2020年夏頃の発売を予定しているとのことで、非常に楽しみですね。

日本では2020年夏頃の発売を予定

当然自分が購入できるような価格帯のクルマではありませんが、街中で見かけたら二度見確実です笑

レクサスUX300e

広州モーターショーでは事前の予想通り、レクサス初のEVモデルとしてUX300eが発表されました

レクサス初のEVモデル UX300e

UX300eは中国のNEV(New Energy Viecle)規制やアメリカ西海岸のZEV(Zero Emission Vehicle)規制に対応するための戦略モデルとなります。

他車はEVを主にハイエンドモデルとして投入していますが(メルセデスのEQCやアウディーのe-Tron)、NEV規制やZEV規制をクリアするためには、普及対価格のモデルが必要であり、UX300eはそのために用意されたと考えるべきです。

インテリアはほぼ既存モデルと同じで、外装では充電用のコンセントとErectricのロゴ、モデルバッジ、空力対策用の新型ホイールが違う程度になります。

充電コンセントと空力に配慮した新型ホイール
EV(電気自動車)であることを表すバッジ

見えない部分では、リチウムイオンバッテリー保護のため、ボディの補強が相当されており、重量増に伴うショックアブソーバーの最適化もなされているとのこと。

事故発生時の衝撃からバッテリーを保護するボディ構造を採用。前後左右からの衝撃を受け止め、下からの入力にも対応している

また、空力対策でフロア下に新開発した空力カバーを設置して、フロア下をフラット化、燃費の向上と静粛性を強化しています。

フロア下に新開発した空力カバーを設置して、静かで心地よい車内空間を手に入れている

気になる航続距離ですが、最高出力150kW、最大トルク300Nmを発生する「4KM」型モーターをボンネット下に備え、前輪を駆動。電源としてフロア下に54.3kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載。これにより、航続可能距離で400km(NEDC計測値=欧州基準)を確保。日常的な移動で不自由のないレベルを実現したとしています。

モーターの出力、航続距離ともに日産リーフのe+よりもやや劣るスペックです(リーフe+のモーターは最高出力160kW、最大トルク340 Nm、電池容量は60kWhで航続可能距離は458km(WLTCモード))。後続可能距離の基準は異なりますが、車体重量がUXのほうが200kg~300kgほど重く、バッテリーもやや少ないので、リーフよりは航続可能距離が短いのは確実と思われます。

UXは当初からEV化を意図して開発されたようで、バッテリーは床下全面に配置されており、二重底のようになっています。

54.3kWhのリチウムイオンバッテリーをフラットな形状でフロア下に設置

そのため、フロアが高くなることもなく、(もともと狭いという欠点はありますが)ラゲージが小さくなるということもないのはいいですね。

カットモデルを見ると、綺麗にフロア下・シート下にバッテリーが収まっているのが確認できます。

フロア下に設置する駆動用のバッテリーパックに遮音壁としての機能を持たせている

EV独自の機能としては、スマートフォンと連携したコネクテッド機能が用意されるとのことです。専用アプリを使ってスマートフォンなどと連携。バッテリー残量や航続可能距離の確認、充電コネクターと接続している場合には、充電完了までの時間を表示するほか、出発予定時刻に合わせて充電が完了するようセットするタイマー設定も可能。このほかにも車内のエアコンやシートヒーター、デフロスターなどを車外からスマホを使って操作できる。

スマートフォンなどと連携するコネクティッド機能を備え、車外にいてもバッテリー残量などの確認や充電完了時刻の設定などが可能

2020年以降、中国や欧州などを皮切りに順次発売し、日本での発売は、2021年前半を予定とのことです。



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら3つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!