レクサスNXにレクサスGS Fタイプ 19インチホイールを装着

レクサスNXにレクサスGS Fタイプ 19インチホイールを装着

LIFE with NXからのお知らせ①

タイヤ空気圧表示ユニットの在庫はなくなりました。現在12月上旬の入荷分を受け付け中です。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ②

ウェルカムモーションユニットは予備分も含めて完売しましたので、販売を一時停止します。キャンセル待ちは可能です。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

予告通り、レクサスNXのタイヤを冬タイヤに変更しました。

そして新ホイールとして社外品のGS F同一デザインホイールを装着。これが非常にカッコいい!!!久々にテンション上がりました笑

夏タイヤ用には20系レクサスRX “F SPORT”純正20インチホイールを装着しているのですが、正直GS Fタイプの方が好みかも…。

いつもの撮影場所で撮影してきましたので、レビューしたいと思います。

今回購入したホイール

今回購入したのは社外品のGS F同一デザインホイールです。外径はGS F純正と同じ19インチとなります。

ホイールスペック

純正のGS FホイールはBBS製の鍛造ホイールで、一本税別16万円(=4本で64万円…)もする上、リム幅とインセットの関係でNXでは履けません

レクサスGS Fのホイール

今回購入した社外品ホールは、GS F純正と同じ19インチとデザインながらNXでも履けるリム幅・インセットになっているのが大きな違いです(製造方法も鍛造ではなく鋳造という違いがあります)。

ホイール位置の比較

ただし、車種問わず装着できるように、ハブ径もトヨタ・レクサス純正採用の60mmから73mmに変更になっています

ハブリングなしでもそのままでもNXに装着は可能ですが、ガタ付き防止のためにKYO-EI製のハブリングも購入しました。

カラーについては、GS F純正は今年の年次改良前までは、ガンメタリック塗装が標準で(2019年の年次改良でマットブラックに変更)、ガンメタリック塗装+ダイヤモンドカットのポリッシュ仕上げはメーカーオプション(税別8万5,000円)となります(ポリッシュ仕上げのメーカーオプションは年次改良後も設定)。

社外品ホイールはポリッシュ仕上げのみとなりますが、純正ではオプション代の値段でホイール4本が購入できることになります

届いたホイールの梱包

梱包もプラ製のリムガードがちゃんとついており、非常に丁寧で好印象です。

不織布カバーも付いていますし、リム部分には樹脂製の保護カバーが装着されていました。

しっかりした梱包

カバーを取ったホイールがこちらです。ガンメタリック塗装とポリッシュのコントラストがいい感じ。

届いたGS Fデザインの社外ホイール

ホイールキャップは純正品の流用が可能

ホイールキャップは純正がそのまま流用可能でしたので、RX “F SPORT”のクリアブラックタイプのホイールキャップをそのまま利用しました。

レクサス車のホイールキャップは、グレードや装着するホイールでデザインやカラーが異なります。
さらにサイズもCT用や、それ以外の主要モデル、LX用などで異なります。
NXにも適合する主流の62mmのもので言うと、下記の3種類があります。

クリアブラック…主にFモデルや”F SPORT”モデルで使用。

クリアブラック

品番:42603-53110 価格:税別1,340円/1個

ガンメタリック塗装…主に”F SPORT”以外のグレードに使用。

品番:42603-30550 価格:税別1,270円/1個

シルバー…主に廉価グレードで使用。

シルバー塗装

品番:42603-50370(42603-50300) 価格:税別1,170円/1個

装着写真

ここからはいつもの場所での装着写真です。

ポリッシュデザインとガンメタリック塗装のコントラストがかなりカッコいい!!

シャープなメッシシュデザインでスポーティーでありながら、ポリッシュ仕上げがラグジュアリーな印象も与えており、絶妙なバランスになっていると思います。

社外品のGS Fデザインホイールを装着したところ

細かいメッシュデザインなので、塗装したブレーキキャリパーとロゴが非常に映えます

フロントのホイール

こちらは夏用のRX “F SPORT”純正20インチです。RX “F SPORT”純正から1サイズ分インチダウンしていますが、全く差を感じない迫力ではないでしょうか。

夏用のRX “F SPORT”純正20インチホイール

似たような構図で引きで比較してみます。リム外周部分もポリッシュ仕上げで輝く感じになりますので、視覚的に大きく感じられますね。

社外品の19インチGS Fデザインホイール
夏用のRX “F SPORT”純正20インチホイール

むしろ個人的には社外品の19インチを押したいレべル
(もちろんRX “F SPORT”純正20インチホイールもカッコいいのですが…)

斜め後ろからのカット。やはりポリッシュ仕上げがいい感じ。

社外品のGS Fデザインホイールを装着したところ

チラ見えするブレーキキャリパーがいい感じ。苦労したけどやってよかった…。

塗装したブレーキキャリパーが映えます

フォクルスワーゲン純正のアトランティックブルーメタリックで塗装したのですが、派手過ぎず上品な感じがNXに非常にマッチしていると思います

GS Fのようなオレンジキャリパーも目立っていいとは思いますが、そうなると今度はブレーキ自体を高性能な対向4ポッド/6ポッドに変えたくなる沼…。

F専用オレンジブレーキキャリパー

ホイールはコンケイブデザインで、立体的なデザインになっています。ロックナットは純正のマックガードを使用。

ホイールを斜めから見るとコンケイブデザインになっているのが分かる
車両斜め前から

リアのキャリパーの見え方はこんな感じ。こちらもいい感じです。

リアのホイール
社外品のGS Fデザインホイールを装着したところ

最後に引きで。ブラック化したドアミラーとの相性も非常にいいです。

ブラック化したドアミラーとの相性も抜群

こうしてみると、ドアミラーをブラック化してみて良かったなと思います。

レクサスGS Fデザインホイールの評価と感想は?

想像以上に大満足です。RX純正20インチよりも正直好みだったり…笑

19インチ以上の存在感

19インチを全く感じさせないですね。コンケイブデザインやポリッシュ仕上げということもあり、下手したらRX純正20インチよりも存在感があります。

それと、今のところNXで誰も履いていないのも、人とは違っているのもいいですね

同時にスタッドレスも履かせています。スタッドレスのレビューは別途したいと思っているので今回は簡単に。

今回もスタッドレスタイヤはTOYOのWINTER TRANPATH TXを選択。

スタッドレスのサイズは225/55R19というサイズです。

RX純正20インチは235/55R20ですので、扁平率は今回履かせたスタッドレスと同じ55%ですが、スタッドレスということもありゴムが柔らかく(もちろん2019年製です)乗り心地がマイルドになりました
夏タイヤのときは道路の段差などでゴツゴツ感を若干感じましたが、それがだいぶ和らいだ感じです。

ロードノイズが増えたり、コーナーで崩れる感じがするといったこともなく、安心して使えるタイヤだと思います

19インチホイールに225/55R19の夏タイヤを履かせたときの乗り心地は分かりませんが、NXには19インチがベストかも…というような乗り心地でした

ホイールについては大満足です!これで冬の雪山に行けますね♪

費用:約85,000円(ガラスコート込/タイヤ&組付け工賃別)
満足度:★★★★★

新規記事が公開された際のお知らせメール配信サービスを開始しました。
新規記事公開通知の登録/登録解除はこちら

記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

レクサス車の購入をご検討中の方へ

レクサスでは基本的に車両本体・メーカーオプションの値引きはゼロですが、既存オーナーからの紹介を受けることによって、ディーラーオプションのサービス等の特典が受けられます

紹介キャンペーンの詳細はこちらにまとめています。

当方からディーラーのご紹介が可能ですので、都内近郊でレクサス車をご検討中の方はお問い合わせよりご連絡くださいませ。


愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら2つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!