レクサスNX “Bronze Edition”を見てきました!(高画質画像大量)

レクサスNX “Bronze Edition”を見てきました!(高画質画像大量)

LIFE with NXからのお知らせ①

タイヤ空気圧表示ユニットの在庫はなくなりました。現在12月上旬の入荷分を受け付け中です。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ②

ウェルカムモーションユニットは予備分も含めて完売しましたので、販売を一時停止します。キャンセル待ちは可能です。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

先日発表されたレクサスNXの特別仕様車”Bronze Edition”(ブロンズエディション)ですが、東京ミッドタウン日比谷にあるLEXUS MEETS…で現在展示されていますので、実際に見に行ってきました。

今回は特別に高画質画像を大量にお届けします

東京ミッドタウン日比谷のLEXUS MEETS…

特別仕様車はディーラーに配備されることはほとんどなく、カタログベースでの商談になります

LEXUS MEETS…では特別仕様車の実車を積極的に展示していますので、検討中の方はぜひ行ってみることをオススメします(全ての特別仕様車が展示されているわけではありませんが…)。

展示中の車両・グレードはLEXUS MEETS…の公式ウェブサイトで確認ができます。

展示中の車両

今回は、店舗奥の展示スペースには、NX300 特別仕様車”Bronze Edition”(ソニックチタニウム)、UX200 “F SPORT”(グラファイトブラックガラスフレーク)が展示されていました

レクサスNX特別仕様車“Bronze Edition”(ソニックチタニウム)
展示されていたUXは特別仕様車“Blue Edition”ではなく通常の”F SPORT”

UXは残念ながら同時に発表された“Blue Edition”ではなく、UX200 “F SPORT”となっていました

NX300は1月9日、UX200は2月3日と発売日にズレがあるので、もしかしたら2月以降にUX“Blue Edition”は展示されるのかもしれませんね。

店内入口にはラディアントレッドコントラストレイヤリングのレクサスLC500hも展示されていました(こちらは乗り込み不可)。

レクサスLC 500hも展示。ただし試乗は不可。

今回は遠方などのために実車が見れない、という方のために画像大量でレポートをお届けします。

レクサスNX “Bronze Edition”のエクステリア写真

では、レクサスNX “Bronze Edition”のエクステリアを見ていきましょう。

今回は特別に縮小なしの高解像度バージョンでアップしています。クリックすると大きな画像が見られますよ。じっくり堪能してください!笑
高解像度なのでクリックしてから表示までにやや時間がかかります。

レクサスNX特別仕様車“Bronze Edition”

こちらが全体像。やはりソニックチタニウムのボディカラーは非常に綺麗ですね。

LEXUS MEETS…の店内はスポット照明が多く、映り込みが激しいのですが、ソニックチタニウムはNXのボディの陰影を非常に魅力的に描き出しているのが分かります

次にレクサス車を購入するならソニックチタニウムを選んでしまいそうです笑

レクサスNX特別仕様車“Bronze Edition”

展示車はルーフレールのほか、ムーンルーフ、HUD、100Vコンセントなどがメーカーオプションとして装着されていました。

特別仕様車でもメーカーオプションは自由に装着できるのでご安心くださいね。

ブロンズ・カラードの18インチホイール。”L package”でも選択可能ですが、ディーラーの展示車・試乗車で装着されているのは見たことがないので、実物は初めてです。

アルミホイール(ブロンズ・カラード切削光輝)

ブロンズ・カラードの部分は少し淡い色合いのブラウンで非常に上品でした。ブロンズ以外の部分はブラック塗装となっています(シルバーのホイールの場合は、ガンメタリック塗装)。

やはりこのブロンズ・カラードのホイールはソニックチタニウムと非常にマッチしますね。

カラードのフェンダーアーチモールも高級感がアップしており◎です

フェンダーアーチモール(カラード)

ミラーはブラック塗装になります(ボディカラーがグラファイトブラックガラスフレークの場合は、ボディ同色)。ソリッドのブラックになりますので、落ち着きのあるシックで非常に上品かつ洗練したイメージになります

オート電動格納式ドアミラー(ブラック塗装)

ドアミラー足元照明も装備されています。

ドアミラー足元照明(特別仕様車専用)

続いてフロント正面から。この角度が一番ソニックチタニウムの魅力を表現していると思うのですが、どうでしょうか。

ボディラインにあわせて陰影が深く変化しているのが分かると思います。

レクサスNX特別仕様車“Bronze Edition”

この写真を見ていると、やはり次はソニックチタニウムにしたい…笑

レクサスNX特別仕様車“Bronze Edition”

続いてスピンドルグリルです。フレーム部分を含めてソリッドのブラックで塗装されており、ツヤツヤです。これも高級感があっていいですね。

スピンドルグリル&フレーム(特別仕様車専用ブラック塗装)

グリル内部とフレームが同色のブラックで塗装されているので、グリルが一回り大きく見えますね。

スピンドルグリル&フレーム(特別仕様車専用ブラック塗装)

どうせなら左右のダクト(無塗装樹脂)もブラック塗装にするとより高級感が高まると思うのですが…。だんだん塗装したくなってきました笑

レクサスNX特別仕様車“Bronze Edition”

リア周りは通常のNXと違いはありませんが、ベースとなる”I package”には装着できないハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)が、”Bronze Edition”には付いているのがポイントです。

レクサスNX特別仕様車“Bronze Edition”

レクサスNX “Bronze Edition”のインテリア写真

次にインテリアです。

ドア部分のオーナメントはこんな感じ。鈍いブロンズカラーが素敵です。

オーナメントパネル(特別仕様車専用ブロンズフィルム)

オーナメントの触感は、通常”I package”のオーナメントと同様で、凹凸があります。

オーナメントパネル(特別仕様車専用ブロンズフィルム)

ブロンズのステッチもとてもお洒落でいい感じでした。

特別仕様車専用ブロンズステッチ(シート・インストルメントパネル・ステアリング・シフトブーツ・センターコンソール・ドアトリム等)

シートの形状や素材自体は”I package”と同じですが、ステッチがブラウンになっています。

L texシート(ブラック・特別仕様車専用ブロンズステッチ)

メーターフードやステアリングもばっちり。ブラウンステッチがカッコイイ。

特別仕様車専用ブロンズステッチ(シート・インストルメントパネル・ステアリング・シフトブーツ・センターコンソール・ドアトリム等)
特別仕様車専用ブロンズステッチ(シート・インストルメントパネル・ステアリング・シフトブーツ・センターコンソール・ドアトリム等)

自分の場合はGS仕様のステアリングにしてしまったので、久々にNXのステアリングを見ると変な感じがしますね笑

特別仕様車専用ブロンズステッチ(シート・インストルメントパネル・ステアリング・シフトブーツ・センターコンソール・ドアトリム等)

シフトブーツ、センターコンソール部分にもブラウンステッチが。

特別仕様車専用ブロンズステッチ(シート・インストルメントパネル・ステアリング・シフトブーツ・センターコンソール・ドアトリム等)
特別仕様車専用ブロンズステッチ(シート・インストルメントパネル・ステアリング・シフトブーツ・センターコンソール・ドアトリム等)

助手席ダッシュボード部分。やはりブラウンのステッチとブラックの内装がシックですね…。これは好みです。

特別仕様車専用ブロンズステッチ(シート・インストルメントパネル・ステアリング・シフトブーツ・センターコンソール・ドアトリム等)
特別仕様車専用ブロンズステッチ(シート・インストルメントパネル・ステアリング・シフトブーツ・センターコンソール・ドアトリム等)

ピラーやルーフライニングがブラックになりますので、暗い反面、非常にシックな雰囲気になります。

インテリア[ルーフ/ピラー]カラー(ブラック)

まとめ

レクサスNX”Bronze Edition”の実車レポートをお届けしましたがいかがでしたでしょうか。

NX300 特別仕様車“Bronze Edition”(ソニックチタニウム)<オプション装着車>

前回まとめたように“Bronze Edition”は最低でもベースの”I package”から36万円程度の装備が追加されており、差額が21万円であることを考えると、非常にお買い得になっています

安全装備も標準設定されていますし、シックな内装といい、個人的にはかなり魅力な車両に仕上がっていると思いました。

おそらく自分が今買うなら間違いなく“Bronze Edition”(のソニックチタニウム)を選ぶと思います

検討中の方の参考になれば幸いです。

【レクサスをご検討の方へ】既存オーナーからの紹介キャンペーン

レクサスでは基本的に車両本体・メーカーオプションの値引きはゼロですが、既存オーナーからの紹介を受けることによって、ディーラーオプションのサービス等の特典が受けられます(ディーラーによりますが…)。

既にご連絡をいただいた複数のオーナー様をご紹介させていただいておりますが、当方からディーラーのご紹介が可能ですので、レクサス車をご検討中の方はお問い合わせよりご連絡くださいませ。

詳しくはこちらをご覧ください。

新規記事が公開された際のお知らせメール配信サービスを開始しました。
新規記事公開通知の登録/登録解除はこちら

記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

レクサス車の購入をご検討中の方へ

レクサスでは基本的に車両本体・メーカーオプションの値引きはゼロですが、既存オーナーからの紹介を受けることによって、ディーラーオプションのサービス等の特典が受けられます

紹介キャンペーンの詳細はこちらにまとめています。

当方からディーラーのご紹介が可能ですので、都内近郊でレクサス車をご検討中の方はお問い合わせよりご連絡くださいませ。


愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら2つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!