レクサスNX用ワンオフスカッフプレート(デザイン公開)

レクサスNX用ワンオフスカッフプレート(デザイン公開)

LIFE with NXからのお知らせ①

新規記事が公開された際のお知らせメール配信サービスを開始しました。
新規記事公開通知の登録/登録解除はこちら

LIFE with NXからのお知らせ②

現在、鼓動点滅ユニット"version.2"の購入者を募集しています。間もなく人数が集まり、発注予定ですので、気になる方はお早めにご連絡ください。
鼓動点滅ユニット"version.2"の詳細はこちら


今回は、現在進めているワンオフスカッフプレートのデザインを公開します。

レクサスNXのスカッフプレートなのに、なぜトップ画像をレクサスLCにしたのかというと、今回のNX用ワンオフスカッフプレートのデザインが、レクサスLCの特別仕様車、”PATINA Elegance”からインスピレーションを得たものだからです。

特別仕様車のLC500h PATINA Elegance(テレーンカーキマイカメタリック)

レクサスLC特別仕様車、”PATINA Elegance”

レクサスLCの特別仕様車、”PATINA Elegance”は2019年10月1日に国内限定100台で販売された特別仕様車です(既に完売済み)。

特別仕様車のLC500h PATINA Elegance(テレーンカーキマイカメタリック)

PATINA Eleganceは、「CRAFTED」という思想、つまりは豊かな自然と歴史の中で培われた日本の美意識や、利用者が言葉にしなくても求めるものを察する感性で、匠の技や最先端テクノロジーなど、あらゆる手段を駆使して心を揺さぶる新しい体験を生み出していきたいという思いにもとづいて開発されたものだと言います。

“PATINA Elegance”の特別装備は以下の内容となっています。

LC500h/LC500 PATINA Eleganceの特別装備
・運転席・助手席特別仕様車専用L-ANILINE本革シート(ベンチレーション機能・ヒーター付)&後席L texシート
・特別仕様車専用本革ステアリング(ソフトレザーパッド・ステッチ・パドルシフト付)&本革シフトノブ
・特別仕様車専用内装色パティーナブラウン
スカッフプレート(特別仕様車専用ステンレス)
・フロント245/40RF21+リア275/35RF21ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール(ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装)
・カラーヘッドアップディスプレイ
・アルカンターラルーフ/サンバイザー/ピラー・ルーフサイドガーニッシュ/パッケージトレイ
・アルカンターラメーターフード

注目したいのは、“PATINA Elegance”専用デザインのスカッフプレートが装着されるという点。

特別仕様車ATINA Elegance専用スカッフプレート(ステンレス)
特別仕様車PATINA Elegance専用スカッフプレート(ステンレス)

L字レイヤーをモチーフに、“PATINA Elegance”の世界観である都会のビルのシルエットを表現。金属の表面とレーザーエッチングで削り出した部分が光の当たり方で明暗のコントラストを生み出し、LEXUSの文字が浮かび上がったり、モチーフが浮かび上がったりと、見え方の変化を楽しめます。

“PATINA Elegance”公式ウェブサイト

今回、“PATINA Elegance”専用のスカッフプレートのデザインをヒントにNX用のスカッフプレートをデザインしました

ワンオフスカッフプレートのデザイン

フロントスカッフプレート

ワンオフで作成するスカッフプレートのデザインです。

スカッフプレートのデザイン

“PATINA Elegance”のスカッフプレートデザインを元に、素材は純正スカッフより少し厚めのSUS304ヘアラインのステンレスを使用。耐久性を持たせています。

ロゴ部分には“PATINA Elegance”にもないイルミ機能を組み込む予定です。発光部分もアクリルをレーザーカットしたオリジナルパーツを使用し、面発光させます

L字型のモチーフ部分は、“PATINA Elegance”純正同様のエッチング+塗装は個人でやるにはコストがかかりすぎるのでボツUV印刷やシルク印刷も検討しましたが、ステンレスは塗料の定着が悪いとのことで靴で擦る可能性の高いスカッフプレートには向いていないと判断し、カッティングステッカーで再現します

さらに左上部分には”PATINA Elegance”を参考に、車名とグレード表記を追加しました

カッティングステッカーであれば耐久性も問題なく、コスト的にも安いので、破れたり汚れた場合は剥がして交換できるメリットがある上(屋外用のステッカーを使用するため、交換が必要なほど汚れたり破れたりはまずないと思いますが…)、色違いや車種・グレード違いにも柔軟に対応が可能です

例えば、こんなデザインも可能です。

上から、NX300h “version L”、NX300 “F SPORT”、NX300 “Bronze Edition”となっています。もちろんレクサス純正採用と同じフォントを使用しています

車種やグレードに対応したデザインが可能

ステッカーのカラーもお好みで対応が可能です。個人的には、”F SPORT”は純正スカッフにも採用されているブラックがおススメで、ハイブリッドならスチールブルーやディープシーブルーもありですね。

使用できるステッカーのカラー

また、ロゴの発光部分はアクリルをLEDで発光させるのですが、使用LEDを白から赤や青に変更することも可能です。基本的に砲弾3mmLED(テープLEDに仕様変更しました)で供給があるものなら好きな色が利用できます。

LEDを変更することでロゴの発光色の変更が可能

前回紹介した、純正インテリアイルミネーションランプASSYを装着するバージョンも作成予定です。ステンレスプレートと純正インテリアイルミネーションランプASSYを組み合わせることで、手軽に純正ディーラーオプションのデザインに近いスカッフプレートを作成可能です。

純正インテリアイルミネーションランプASSYを利用するバージョン

リアスカッフプレート

リアのスカッフプレートはフロントよりもステンレスプレートがフロントよりもかなり短くなるため、ステッカーはなく、シンプルにロゴのみの予定

リアのスカッフプレートデザイン

リアもフロント同様に、インテリアイルミネーションランプASSYを装着するバージョンを作成予定です。

純正インテリアイルミネーションランプASSYを利用するバージョン

ワンオフスカッフプレートのデザインまとめ

ワンオフスカッフプレートのデザインをご紹介しましたが、いかがでしょうか。

スカッフプレートのデザイン

個人的には、レクサスLC ”PATINA Elegance”にかなり近い、純正然のデザインに仕上がっているかなと思っています

まだステンレスプレートは見積取得中で、発光部分はアクリルを使った試作品を作成しなければなりませんが、フロントとリアを合わせても純正ディーラーオプションと同等・もしくは少し安いぐらいに抑えられたらと思っています

もちろんステッカーなしバージョンなら少し安くなったり、色々な組み合わせがありますので、それたについては追々まとめたいと思いますので、少々お待ちください。

これに加えてさらにお手軽なそのまま装着コースも用意していますので、お楽しみに

デザインも公開してしまったので、頑張って製作・検証を進めたいと思います。

次回は、もう1つの課題だったアウトサイド側のスカッフプレートの適合などについて紹介したいと思います。

C-HR用のため、リアのアウトサイドスカッフプレートが短い

新規記事が公開された際のお知らせメール配信サービスを開始しました。
新規記事公開通知の登録/登録解除はこちら


記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

レクサス車の購入をご検討中の方へ

レクサスでは基本的に車両本体・メーカーオプションの値引きはゼロですが、既存オーナーからの紹介を受けることによって、ディーラーオプションのサービス等の特典が受けられます

紹介キャンペーンの詳細はこちらにまとめています。

当方からディーラーのご紹介が可能ですので、都内近郊でレクサス車をご検討中の方はお問い合わせよりご連絡くださいませ。


愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら3つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!