【販売】レクサスNX用リアバンパーステップガード(国内未発売品)

【販売】レクサスNX用リアバンパーステップガード(国内未発売品)

レクサスNXの社外品のリアバンパーステップガードです。こちらは日本国内では未発売の商品です。

レビューはこちら。

商品の内容

商品の概要

ステンレスと樹脂素材の組み合わせによるリアバンパーステップガードで、右端にはレクサスロゴがレーザー刻印されています

商品外観
ロゴ部分のアップ

バンパー上面だけでなく側面もカバーする形状になっているため、機能性も高い商品です

バンパーの側面部分も保護

適合車両はレクサスNXで、ターボ/ハイブリッド、前期/後期問わず装着可能です。

両面テープが最初から貼り付けてありますので、バンパーを脱脂して取り付けるだけの簡単施工です。5分あれば取り付け可能です。

上面・側面に両面テープ装着済み

取り付けることにより、標準ではシンプルなリアの情報量が増えて、ちょうどいい密度感となりますステップガードにも樹脂部分があることで、バンパー下部の樹脂部との共通性が生まれ、デザイン的にも一体感が出ています

取り付け前のバンパー
取り付け後のバンパー

商品の価格

金額:13,800円(国外・国内送料込)
※北海道、沖縄は上記+別途送料2,000円発生します。
※2019.02.21に価格を見直しました。

純正オプションはロゴもなく、価格は24,840円と高価ですので、価格・クオリティともに本商品が圧倒的に優れていると思います。

純正ディーラーオプションのリアバンパーステップガード

注文について

注文方法

お問い合わせページより、下記内容をご記入いただき、ご連絡ください。

社外品リアバンパーステップガード

■注文者情報

氏名:
メールアドレス:
郵便番号:
住所:
電話番号:

■注文情報

注文する商品:社外品リアバンパーステップガード

支払い方法

恐れ入りますが、

銀行振込(みずほ銀行)

先払いのみとさせていただきます。
※振込手数料は注文者様でご負担ください。

注文のご連絡をいただきましたら、当方よりメールで振込口座をご連絡させていただきます。

納期

入金確認後、2週間~3週間程度で到着します。海外からの輸送になるため、多少お時間がかかりますこと、ご了承ください。

国内での輸送は原則佐川急便を利用します。

ご注意事項

海外製品ですので、小傷等がある可能性があります。私の場合はありませんでしたが、そういうリスクが多少でもあることをご理解いただき、完璧を求める方はご遠慮ください。
明らかな不良品の場合は写真を添えてご連絡ください。出来る範囲でとなりますが、販売元と交渉をいたします。

通常は海外配送を行っていない商品です(販売元から日本までの配送に海外配送業者が間に入ります)。
仮に商品の不具合を理由にした返品・交換の場合でも、送料の負担が発生します。また1回目の配送代金は発生しておりますので、1回目の配送料については返金が出来かねます。

上記をよくご理解いただき、ご承諾いただける方のみお申込みください

場合によっては数百円から1,000円程度の関税が発生する場合があります。関税がかかるかは通関の状況によりまちまちなようです。私の場合、ランニングボードは2,000円弱の関税の請求がありましたが、サイドガーニッシュやステップガードではかかりませんでした。関税がかかる場合は、配送業者から請求があります。



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら3つのサイトで見積を依頼してみました。

自動車保険一括見積もりサービス インズウェブ(SBIホールディングス)
楽天自動車保険一括見積もり
自動車保険一括見積もり依頼サービス 保険スクエアbang!

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。
実際に加入した私の保険見積書も公開しております!