アンビエント内蔵ドアトリムのレビュー

アンビエント内蔵ドアトリムのレビュー

LIFE with NXからのお知らせ

鼓動点滅ユニットが納品されました。残りの在庫は2個となります。
先着順となりますので、ご興味がある方はこちらをご覧ください。


昨年の12月に発注していたアンビエントライト内蔵ドアトリムを装着したので、レビューしたいと思います。

なお、装着自体は1月にしたのですが、1日で取り外してしましました。試着レベルですね笑

アンビエントライト内蔵ドアトリムは売却予定

試着のみで取り外した内蔵ドアトリムは、ヤフオクとメルカリで出品予定です(送料込の27,000円予定)
新品がヤフオクで送料別34,800円で出品されているのでかなりお得かと思います。

直接のお取引でしたら2,000円引きにしますので、ご興味ある方がいらっしゃいましたらお問い合わせください。

また、ドアトリムのカーボン柄に合うよう、助手席ダッシュボードのダークフィルムのオーナメントも用意しました。
こちらは未装着の未使用新品です。新品価格は約5,000円ですが、送料込3,800円でお譲りします。

ダークフィルムの助手席オーナメントパネル

2019.03.30追記

自分が装着していたアンビエント内蔵ドアトリムはお譲り先が決まりました。
新品でよければ、送料込3万1,000円で取り寄せが可能です。ご興味ございましたらお問い合わせください。
助手席オーナメントパネルはまだあります。

2019.04.08追記

助手席オーナメントもお譲り先が決まりました。

アンビエントライト内蔵ドアトリムの外観

カーボン調のドアトリム

装着後のドアトリムはこのような感じです。クリアコートされたようなカーボン柄になっています(素材はリアルカーボンではなく樹脂になります)。

このカーボン柄が非”F SPORT”グレードの自分のNXにはアンマッチだったのが取り外した理由です汗
カーボン柄だというのは分かってはいたのですが…笑

ステアリングやウインドウスイッチパネルをカーボン化されている方であればそこまでの違和感はないと思います。

助手席側はこんな感じ。

助手席側のドアトリム

自分のNXはシルバーフィルムのオーナメントのため、ダッシュボード手前のオーナメントパネルの質感差異を懸念していましたが、色の違和感は思ったほどはありませんでした

助手席オーナメントパネルとの違和感はない

念のため自分のNXのシルバーフィルムよりもトリムの色合いに近いダークフィルムのオーナメントパネルを用意していたのですが、そもそもドアトリムを外すことにしたので、未使用に終わりました笑

ダークフィルムのオーナメントパネル

写真は撮っていませんが、リアの左右も当然同じように光ります。

アンビエントライト内蔵ドアトリムの装着

装着は、ドア内張りから純正のオーナメントを取り外して交換するだけです。
貼り付け型の商品ではないので、後付け感が少ないのはいいポイントだと思います。

フィッティングも全く問題なしです。

装着は純正オーナメントと交換するだけ

配線についても、各トリムからの配線を、ウインドウスイッチのカプラーに割り込ませるだけ。
カプラーオン設計になっているので誰でも装着できると思います。

イルミに連動しているので、スモールONで点灯します。

このアンビエントライト内蔵ドアトリムは、運転席側のスイッチを操作することによって色や光量が変化するのですが(詳しくは後述)、転席側の操作信号を無線で残りの3つのドアに飛ばすので、ボディを通しながらドアからドアへ結線する必要はありません
無線信号の設定も全く不要。

各ドア内のカプラーだけ繋げばいいので、これはよく考えられた設計だと感心させられました

アンビエントライト内蔵ドアトリムの機能

このアンビエントライト内蔵ドアトリムですが、なかなか高機能です。

運転席側の、ウインドウスイッチ(フロント運転席側のウインドウ)を素早く3回連続で引き上げると光量が3段階に変化します

個人的には一番暗くてちょうどいいくらいです。

最も暗い状態

明るめが好きな方は、光量を上げるといいと思います。

光量最大の状態

さらに、スイッチを素早く3回押し下げると発光色が7色に変化します

トリムの色は7色に変化

メルセデスのような雰囲気もあり、個人的にはアンバーの色が予想以上に良かったです

アンバーの点灯状態

アンビエントライト内蔵ドアトリムのまとめ

機能性は非常に良かったのですが、ドアトリムのカーボン柄が非”F SPORT”には馴染まなかったというのが率直な感想です。

結果、純正オーナメントパネルの加工をショップに依頼しました。
もちろん素晴らしい出来なのですが、ショップ施工は約9万円という施工料金でしたので(しかも施工期間10日前後プラス遠方への持ち込み)、カーボン柄さえ問題なければお手軽にアンビエントライトが実現できる商品だと思います。

もし上記踏まえてご購入希望の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら3つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!