レクサスNXにインサイドドアハンドルイルミネーション(アンビエントライト)を装着

レクサスNXにインサイドドアハンドルイルミネーション(アンビエントライト)を装着

レクサスNXにインサイドドアハンドルイルミネーション(白)を取り付けました。

最初はGS純正のイルミネーションを取り付けようと思っていたのですが、現車を調べてみるとNXのドアハンドルASSYの形状がGSと違い、NXはインナー上部にスリットが入っていなかったため断念(ISはGSと共用なのに…)。

そこで、社外品のパーツを利用しました。

使用したのはこちら。

Grazio&Co.やLX-MODEで販売している商品とOEM元は同じと思われます。
それでいて価格は約半額

アクアもありますが、人気がないようで白より少しお安いです。

自分はレクサスの室内照明にあわせて白を選択

配線はカプラーオンです。
ウインドウスイッチのカプラーに割り込ませることで、イルミ電源(スモールで点灯)を取っています。

最初は商品付属のカプラー(イルミ電源)は使わず、フットランプ連動にしようかと思いましたが、LEDの光量が控えめ&白なので昼間はほとんど目立たないと判断。
ドアとボディを通線させる苦労には見合わないと考え、仕様通りイルミ連動にしました。

取り付けの手順

取り付けですが、ドア内の吸音材が邪魔で配線通しが通らないため、ドアの内張りの下半分を外した方が圧倒的に早いです。

インサイドドアハンドル内側のカバーを外します。

インサイドドアハンドル内側のカバーを外す

内張り外しでこじれば外れます。

ビスを3か所外します。

インナードアハンドル内のビス。

ハンドル内のビス

ウインドウスイッチベースを外した内部のビス。
スイッチベースはクリップで留まっているだけなので、手で上に持ち上げれば外れます。

スイッチベース内のビス

ドアポケット内のビス。
ポケット底のフェルトは内張り剥がしで外せます。

ドア内張りを外します。
手を入れる部分にマークがついているので、そこから剥がしていきます。

ドア内張りを下から外す

イルミ付きのインナーカバーからの配線をスイッチ側に通したら、付属のカプラーをウインドウスイッチのカプラーに割り込ませます。

ウインドウスイッチのカプラーに割り込み

逆の手順で戻していけば完成です。

インサイドドアハンドルイルミネーションの評価と感想は?

RXはドアやダッシュボード部分にアンビエントライトを装備していますが、NXはイルミ照明が少ないのが不満の1つ
オーディオユニットにもイルミを追加しましたが、ドアハンドルイルミネーションでいい感じのバランスになりました

いい感じの光り方

下から見たところ。

LEDの光源部分

商品のフィッティングや質感も問題なしです。

夜間の室内のムードがアップしました。
ドア内張りを剥がす作業も簡単で、カプラーオンで取り付けができるのでオススメです。

費用:4,925円
満足度:★★★★★
難易度:★★☆☆☆
作業時間:30分



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら2つのサイトで見積を依頼してみました。

自動車保険一括見積もりサービス インズウェブ(SBIホールディングス)
自動車保険一括見積もり依頼サービス 保険スクエアbang!

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の2つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。
実際に加入した私の保険見積書も公開しております!