【ご連絡】鼓動点滅ユニットの進捗状況(4/15更新)

【ご連絡】鼓動点滅ユニットの進捗状況(4/15更新)

鼓動点滅ユニットの開発状況について、こちらの記事を更新していく形でまとめさせていただきます。

2019.04.15更新

4/11に初期注文いただいた方への発送が完了しました。

開発も完了しておりますので、記事を整理させていただきました。

開発状況(3月23日更新)

本日実車でしばらくテストを行いましたが、無事問題も発生しませんでした

完成とさせていただきます

注文については下記のメールをさせていただいております。

ご確認をお願いいたします。(メールが届いていない方は、お問い合わせよりご連絡ください)

開発状況(3月21日更新)

前回のご連絡から間が空きまして申し訳ありません。
本日やっと実車で最終サンプルのテストができました。

結果、問題なく動作しました!
鼓動点滅、イルミON時の常時点灯、スイッチのON/OFF、すべて問題ありません。

今週の土曜日に実際に運転してみて問題が出ないようであれば完成です
その後正式に基板から発注しますので、4/6(土)発売とさせていただければと思います。
(基盤が早くできた場合前倒しします)

今回大変お待たせしまったことと、仕様が変更(必要配線に常時電源の追加)になったため、購入意思が変わってしまった方もいらっしゃるかと思いますので、土曜日のテスト後、改めて発注確認をさせていただきます
(現時点で購入しないという方はご連絡いただければ、発注確認のメールはいたしません)

その後、発注いただける方に、入金方法のご連絡という形で進めさせていただきます。

お待たせして申し訳ありませんが、非常にカッコよく出来ております
今しばらくお待ちください。

では、改めて日曜日にご連絡させていただきます。

開発状況(2月27日更新)

検証が出来ていない状況に変わらずです。

メインボデーECU(マルチプレックスコンピュータ)の交換が3/23(土)で決まりましたので、実車での検証作業はその後になる予定です。

開発状況(2月19日更新)

現時点での進捗です。

前回ご報告のとおり、純正スイッチのPWM制御を平滑化・整流し、常時電源を鼓動点滅ユニットの電源として利用する方向で再設計を行いました。

再設計後のサンプルが届きましたので、本日実車で検証しましたところ、鼓動点滅まではクリアできました

点滅自体はクリアできたのですが、一方で車両にはPWM制御と認識させる必要があることが
分かりましたので、その点を修正する予定です。

こちらも、業者様と相談してクリアできる目途は立っています。

あと少しのところまでは来たかなという状態ですが、明後日から1週間は、仕事の関係で忙しく、その後はフットランプでECUをショートさせてしまったので、車両をディーラーに入院させる予定です(イージーミスでお恥ずかしい限りです…)。

再設計後の検証はその後になる予定です。

お待たせして申し訳ありませんが、今しばらくお待ちいただければ幸いです。

開発状況(2月3日更新)

本日、購入希望の方に下記のメールを配信しております。

現在の鼓動点滅ユニットの開発状況の進捗です。

結論から申し上げますと、

①発売までに数週間~1か月程度かかる見込み
②一部仕様変更が発生する見込み

です。

①についてですが、実車でのテストを経まして、開発を依頼させていただいた業者様と相談し、現在作成していた基盤と回路については、いったん新規に設計・作成しなおすこととしました

実車では初期サンプル版では動作しましたが(前回ご連絡の動画のとおりです)、最終サンプル版は実車では正常に動作しませんでした。
原因は、純正車両のスタートスイッチイルミの制御方法です。通常のLEDは12Vで制御していますが、スタートスイッチのイルミはPWM制御(パルス制御…簡単に言うと、肉眼では把握できないほどの高速でON/OFFを行うことで輝度を調整している)だと判明しました。PWM制御されているイルミ線では、最終サンプル版の電源としては使用できません(初期サンプルと回路が異なる)。

本日実車でサーキットテスターでの確認および、イルミを高速シャッターで撮影することで原因が判明。

改めて、回路の再設計と基盤の再発注が必要になったため、再度、新回路での実車テスト→基盤発注→最終版実車テストの流れが必要になりました
そのため、検証を含めて、発売までにさらに数週間~1か月程度かかる見込みです

一方、良いニュースとしては、動作不良の原因は分かりましたので、業者様によると回路再設計のめどはついているとのことです

②についてですが、上記のPWM制御によって、イルミ線以外の電源が必要となったため、鼓動点滅ユニットに常時電源を接続する仕様に変更させていただきます
鼓動点滅ユニットに必要な配線が、変更前の4本から常時電源を追加した5本に変更となります。

変更前:スタートスイッチイルミ線(入力)、スタートスイッチイルミ線(出力)、ACC(入力)、GND
変更後:スタートスイッチイルミ線(入力)、スタートスイッチイルミ線(出力)、ACC(入力)、GND、常時電源(入力)

NXでは常時電源の位置も私が把握しておりますので(ヒューズボックス付近のBCMから取得可能)、問題ないかと思いますが、他車種では常時電源の場所が分からない方もいらっしゃると思います。

仕様変更により、キャンセルされたい方もいらっしゃるかと思いますが、キャンセル希望の方は当然ご購入いただく必要ございません。
期待をいただきながら大変申し訳ございません。

今後の開発進捗メールが不要な場合はその旨お申し出いただければ、次回より配信先から外させていただきます。

上記のように発売延期、仕様変更もありましたので、再設計版の完成後、改めて購入意向のヒアリングをさせていただければと存じます。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。重ねてお詫び申し上げます。

引き続き鋭意開発しておりますので、温かい目でお待ちいただければと思います。

ご不明点がございましたら遠慮なくお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

開発状況(1月25日更新)

こんばんは。

想像以上に多数の方にご購入連絡をいただいております鼓動点滅ユニットの進捗状況のご報告です。
お待たせしており、大変申し訳ありません。

本日、初期サンプル品と最終サンプル品の動作検証を実車で行いました

専用プリント基板を作っていただいたことにより、ここまで小型化されました!基盤サイズは20mm×45mmです。
点滅速度は基板上のボリュームダイアルで調整できるようにしてありますので、オーナーの好みの速度に調整が可能です

また、ユニットは熱収縮チューブ仕様と、ケース仕様の2種類が選択可能です。

SUVやミニバンならそれなりにスイッチ裏にスペースがあるかと思いますが、86などのスポーツカーやセダンタイプの車はそこまでスペースがない場合ケースが想定されます
熱収縮チューブであれば、適当にケーブルにビニールテープなどでまとめておけるので、スペース上有利です。ケース仕様のほうが見た目はいいのですが、見える部分ではありませんので…。

ちなみにNXの場合も熱収縮チューブ仕様がおススメです

初期サンプルを車両に装着しての点滅動画を撮影しました。最終製品までに点滅の仕様を修正しておりますが(詳細はこちら)、動作のイメージは十分伝わると思います。

最終サンプル品も装着したのですが、少し修正する必要があり、初期サンプルの動画のみの公開とさせていただきます。

 

少し修正が入る関係で、1月31日(水)としていた発売が1~2週間伸びることになりそうです

お待たせして申し訳ありませんが、開発状況はメールで随時ご連絡するようにいたします。

完璧な点滅動作と確実に動作することを確認してからご入金をいただきたいので、申し訳ありませんがもう少々お待ちいただけますようよろしくお願いいたします。



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら3つのサイトで見積を依頼してみました。

自動車保険一括見積もりサービス インズウェブ(SBIホールディングス)
楽天自動車保険一括見積もり
自動車保険一括見積もり依頼サービス 保険スクエアbang!

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。
実際に加入した私の保険見積書も公開しております!