ステアリング自動ONユニットの開発進捗状況

ステアリング自動ONユニットの開発進捗状況

LIFE with NXからのお知らせ①

鼓動点滅ユニット”version.2″が完成しました。即納可能なフリー在庫は残数あと僅かとなりました(9/4)。
注文はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ②

タイヤ空気圧表示ユニットの次回フリー在庫の受付中です。入荷は9/22頃を予定で数個です。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ③

ステアリングヒーター自動ONユニットの受注生産を9月末までの限定で受け付けしています。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

何度か進捗を載せているステアリングヒーター自動ONユニットですが、ほぼ完成まで一歩手前まで進みました

2回目の基板に部品を実装して、回路やプログラムを検証。

動作はするのですが、もう少し完成度を高めるために、本日三度目の基板再設計と再発注をしました

基板での動作も確認

ステアリングヒーター自動ONユニットの基板発注はこれで3回目…ということで、三度目の正直となりそうです。

具体的に改善しようとしているのは、温度センサーの検知精度の向上です。当初の部品はコスト重視だったために±3度の誤差のある温度センサーでしたが、そこからコストはかかりますが、精度を重視して±0.75度の誤差の部品に変更。また、センサーからの出力電圧安定化のためにチップコンデンサに加えて電解コンデンサも追加します

再設計した基板

温度の設定も少し迷っています。最初は2度間隔で考えていましたが、細かすぎる気も…。7度から3度刻み(温度にかかわらず常時ON/常時OFF(手動)/7度/10度/13度/16度/19度/22度)でもいいかなと考えていますが、いかがでしょうか。

22度は使わないように思われるかもしれませんが、温度センサーが検知するのは外気温ではなくて、ユニット設置場所の気温(=車内のインパネ奥)ですので、少し高めの設定もあった方がいいかと思っています(エアコンレジスターが近いですし)。夏場は設定温度を下げれば誤動作は防げますし、これだけ設定の幅があると使い方の幅が広がるかなと。本当に寒い時だけ、の場合は7度や10度の設定もありますしね(車内でこの気温なら外は相当寒いはず)。

ついでに、と言っては何ですが、ユニットを収めるケースを鼓動点滅ユニット(初期バージョン)と同じコンパクトで薄型のケースに変更しようと思いますので、それにジャストになるよう基板サイズを調整(上の写真がそうですが、若干隙間が空いているのでサイズをボックス内寸ギリギリのサイズにします)。ボックスのサイズは55x35x15mmとなります。

ボックスのサイズ:55x35x15mm

想定外のコロナウイルスによって基板メーカーが1か月以上休みだったため、冬が終わりそうになっています…。

お待ちいただいている方には既にメールをお送りさせていただきましたが、完成度を高めますのでもう少しだけお待ちいただけると幸いです。

新規記事が公開された際のお知らせメール配信サービスを開始しました。
新規記事公開通知の登録/登録解除はこちら

記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

レクサス車の購入をご検討中の方へ

レクサスでは基本的に車両本体・メーカーオプションの値引きはゼロですが、既存オーナーからの紹介を受けることによって、ディーラーオプションのサービス等の特典が受けられます

紹介キャンペーンの詳細はこちらにまとめています。

当方からディーラーのご紹介が可能ですので、都内近郊でレクサス車をご検討中の方はお問い合わせよりご連絡くださいませ。


愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら2つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!