レクサスNXのスカッフプレートの不満解消を検討中

レクサスNXのスカッフプレートの不満解消を検討中

LIFE with NXからのお知らせ①

タイヤ空気圧表示ユニットの在庫はなくなりました。現在12月上旬の入荷分を受け付け中です。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ②

ウェルカムモーションユニットは予備分も含めて完売しましたので、販売を一時停止します。キャンセル待ちは可能です。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

NXのスカッフプレート何度か記事にしておりますが、スカッフレートの話題です。

現在、私のNXにはインサイド側には社外品のイルミ付きスカッフプレートを、アウトサイド側にはC-HR用のスカッフプレートを装着しています。

一瞬でしたが、”version L”のスカッフプレートを装着したこともあります。

これまでは上記でも標準仕様と比較して満足していましたが、もう少し改善できるのでは、と最近考えています。

現在のスカッフプレートの不満点

インサイド側スカッフプレートの不満点

インサイド側は社外品のイルミ付きスカッフプレートを使用しているのですが、シボ部分の色調が純正と若干異なるのと、イルミの色が白というのが少し不満です

社外品スカッフプレートはイルミのカラーがブルー

シボ部分は装着するとほぼ気にならないのですが、イルミはやはり白にしたい。とはいえ純正オプションは49,500円と高額…。

もう1点の不満は、リアのインサイド側は樹脂のみで、ロゴ/イルミはおろか、プレート自体がないことです。

リアにはステンレスプレートなし

できればリアもイルミ付きのスカッフプレートに変更したいところです。

アウトサイド側スカッフプレートの不満点

アウトサイド側スカッフプレートは、後ろ側のスカッフプレートが短い点が不満。

C-HR用を流用しているためリアのプレートの長さが少し足りない

もとがC-HR用のパーツを流用しているので致し方ないのですが、改善できればと思っています。

スカッフプレートの不満の解消方法

インサイド側スカッフプレートの不満点解消

フロント・リアともに打ち替え以外の社外品パーツの改造、純正部品の流用や、スカッフをゼロから自作することを含めて色々検討中です

実は、イルミ付きのスカッフプレートは、純正でもインサイド側を光らせるのか、アウトサイド側を光らせるのかで2種類が存在します

NXや現行RXはインサイド側ですが(NXの場合はそもそもアウトサイド側にはスカッフプレートがない…)、ISやGS、10系RXはアウトサイド側にロゴプレート・イルミがあります。

NXの純正ディーラーオプションはインサイド側にロゴプレートとイルミがある
レクサスISやGSはアウトサイド側

どの方法にするのかは、現在検証用の部品をもろもろ揃えているところなので、部品が整い次第ベストな方法を検討したいと思います。

スカッフのゼロから製作はほぼ成功することは分かっていますが、ワンオフでステンレスプレートの加工を業者に依頼することになるので、コストが課題となります。コストがかかるようなら、純正のディーラーオプションのスカッフプレートでも構いませんから(部品代だけで税込49,500円と高額ですが…)。

一応デザイン案も作ってありますので、届いた部品のサイズを計測し、複数の業者に見積もりを依頼する予定です(一番下のデザインはロゴがありませんが、これはアウトサイド側にイルミ付きのロゴを装着する場合に、ロゴがくどくなるのを防ぐ目的で使用します。)。

作成中のデザイン案

アウトサイド側スカッフプレートの不満点解消

純正部品の流用を中心に改善の見込みはたっているのですが、イルミとの兼ね合いで色々選択肢があります。

こちらも部品発注後、検討したいと思います。

まとめ:不満解消はできるのか?

色々考えてはいますが、サイズやコストの問題、ロゴ/イルミの設置場所など色々考えなければならないことがあるので、正直出来るかどうかはまだ分かりません

まだ誰も試しておらず、類似する情報も非常に少ないため、部品の情報を集めて実物で確認しないと何とも言えない部分があります。

進展があり次第、ブログを更新していきます。

新規記事が公開された際のお知らせメール配信サービスを開始しました。
新規記事公開通知の登録/登録解除はこちら

記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

レクサス車の購入をご検討中の方へ

レクサスでは基本的に車両本体・メーカーオプションの値引きはゼロですが、既存オーナーからの紹介を受けることによって、ディーラーオプションのサービス等の特典が受けられます

紹介キャンペーンの詳細はこちらにまとめています。

当方からディーラーのご紹介が可能ですので、都内近郊でレクサス車をご検討中の方はお問い合わせよりご連絡くださいませ。


愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら2つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!