レクサス、「NX450h+」を欧州で商標登録…PHVの可能性

レクサス、「NX450h+」を欧州で商標登録…PHVの可能性

LIFE with NXからのお知らせ①

鼓動点滅ユニット”version 2″が完成しました。即納可能なフリー在庫は残数あと僅かとなりました(9/4)。
注文はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ②

タイヤ空気圧表示ユニットの次回納品分の予約希望を受付中です。既にフリー在庫は少量なため、購入希望者はお早めにご連絡ください。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ③

ステアリングヒーター自動ONユニットの受注生産を9月末までの限定で受け付けしています。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ④

ウェルカムモーションユニットが完成しました。注文受け付け中です。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

次期レクサスNXに関すると思われるニュースが入ってきました。

レクサスが欧州で「NX450h+」という名称を商標登録していたことが分かったとのことです。

レクサスが、欧州で「NX450h+」という名称を商標登録していたことが分かった。欧州連合知的財産庁(EUIPO)の公式サイトに記載されている。

レクサスは「h」という呼称を、ハイブリッド車に使用している。『NX』の場合、「NX300h」グレードがハイブリッド車になる。「NX450h+」は、NXのラインナップの頂点に立つ新グレードと見られる。「+」という呼称は、プラグインハイブリッド車(PHV)を意味している可能性がある。

すでにトヨタは欧州で、新型『RAV4』のPHVパワートレイン搭載車を発表している。同車には、新型『RAV4ハイブリッド』の直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンアトキンソンサイクルエンジンに、強力なモーターを組み合わせており、「TNGA」による新型2.5リットル「ダイナミックフォース」エンジンの高い燃焼効率と高出力とのシナジーにより、優れた動力性能や低燃費を追求している。

エンジンとモーターを合わせたPHVシステム全体で、306hpのパワーを引き出す。この数値は、新型RAV4ハイブリッドの222hpに対して、84hpの上乗せとなる。駆動方式は、電気式4WDシステムの「E-Four」とした。最新のE-Fourは、トヨタのAWD-iインテリジェント電動4WDシステム。電気で駆動する後輪の最大トルクを、増やしたのが特長で、走行状態に応じて適切に後輪にトルクを配分する新制御を採り入れ、高い走破性と優れた操縦安定性を可能にしている。

強力なPHVパワートレインを得た新型RAV4のPHVは、0~100km/h加速を6.2秒で駆け抜ける。新型RAV4ハイブリッドの0~100km/h加速8.1秒に対して、およそ2秒の短縮を果たした。トヨタによると、0~100km/h加速6.2秒と306hpのパワーは、RAV4史上、最速かつ最強という。

この強力なPHVパワートレインが、レクサスNXにも搭載され、NX450h+のグレード名で、欧州市場に投入される可能性がある。

(出典:レスポンス

次期レクサスNXは、6月に発表される新型ハリアーやRAV4、カムリ/レクサスESと同じくTNGAプラットフォームに移行することが確実視されています

北米で販売されるRAV4 PRIME

同じプラットフォームとなるRAV4は今年PHVが設定される見込みであり、兄弟車となるレクサスNXにもPHVが設定されることは何ら不思議ではありませんが、ネーミングルールがやや「?」です

これまで450hというと、RXやGSで設定された3.5Lエンジン+ハイブリッドというパワートレインになるはずです。

「RX450h」に搭載するV型6気筒DOHC 3.5リッター「2GR-FXS」エンジン

「450h+」の”+”がPHVを表すのはまだ理解ができます(ハイブリッドが300“h”だったり、EVモデル300“e”というネーミングからするとPHVが“+”というのはかなり不自然ですが…)が、現行のNXは2.5L+ハイブリッドの300hの設定で、NXに3.5L+ハイブリッドの設定というのはちょっと考えづらいところがあります(加えて、燃費規制が年々厳しくなる中、大排気量のNAエンジンからダウンサイジングターボやハイブッドにさらに移行するはず…)。

また、アメリカではNX250とNX350が商標登録されているようです。NX250はカムリに搭載されている2.5Lダイナミックフォースエンジンと推測され、NX350は3.5LのV6エンジンと推測されます。アメリカは西海岸で燃費規制が進む一方でV6大排気量エンジンの需要も高いので、次期NXでは3.5Lエンジンも用意されるのかもしれませんね。

現行のラインナップにある2.0Lエンジン+ターボモデルがどうなるのかも気になります。

次期レクサスNXは、PHV、NA、ターボ、ハイブリッドなど多彩なパワートレーンが用意される可能性があります(2022年からカナダ工場でガソリンモデルとハイブリッドモデルが生産予定ですので、この2種類があることは確実)。

発売は早くて2021年~2022年と思われますので、楽しみに待ちたいと思います

 

新規記事が公開された際のお知らせメール配信サービスを開始しました。
新規記事公開通知の登録/登録解除はこちら

記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

レクサス車の購入をご検討中の方へ

レクサスでは基本的に車両本体・メーカーオプションの値引きはゼロですが、既存オーナーからの紹介を受けることによって、ディーラーオプションのサービス等の特典が受けられます

紹介キャンペーンの詳細はこちらにまとめています。

当方からディーラーのご紹介が可能ですので、都内近郊でレクサス車をご検討中の方はお問い合わせよりご連絡くださいませ。


愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら2つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!