レクサスNXにフロントサイドガーニッシュ(鏡面メッキ仕様/国内未発売)を装着

レクサスNXにフロントサイドガーニッシュ(鏡面メッキ仕様/国内未発売)を装着

レクサスNXに、先日のリアバンパーステップガードとあわせて個人輸入したフロントサイドガーニッシュを取り付けしました。
こちらも国内未発売のパーツです。

ドアサイドにメッキガーニッシュを付けていたのと、ランニングボードを取り付けたことで、フロントにもアクセントが欲しいと考えていました。

ランニングボード装着後のサイドビュー

実は“F SPORT”の純正リップスポイラーの移植も考えたのですが、DIYでは取り付けが難しいとのことで断念
部品代はそこそこ安いのですが、リフトが必要だったり一部バンパーの脱着が必要など難易度が高めです。

そこで、お手軽にサイドにアクセントをプラスできるフロントサイドガーニッシュを取り付けることにしました。

フロントサイドガーニッシュの仕様

今回購入したのはこちらのフロントサイドガーニッシュです。後期専用の形状になっています。

フロントサイドガーニッシュ(鏡面メッキ仕様)

購入したのは鏡面メッキ仕様ですが、カーボン仕様もラインナップしており、スポーティーな仕様が好みの方はカーボン仕様もいいと思います。
※リアルカーボンではなく、立体成型のプリントカーボンのようです。

こちらはカーボン仕様のフロントサイドガーニッシュ

素材はステンレスで、裏面には両面テープが装着済みとなっています。

両面テープ装着済み

取り付けの手順

手順というほどでもないのですが…笑

バンパーサイドの樹脂部分を、ブレーキクリーナーでしっかりと清掃&脱脂を行い、親切なことにバンパープライマー(両面テープの接着力を高める下地処理剤)が付属しているので、貼り付け場所にバンパープライマーを塗布します。

脱脂は念入りに行う

下地処理が完了したら、裏面の両面テープを剥がしてバンパー部分に圧着します。

しっかりと両面テープで圧着

保護ビニールを剥がせば完成です。施工時間は左右合わせても5分ほどで完了。お手軽です。

装着後のフロント

フロントサイドガーニッシュ(鏡面メッキ仕様)の評価と感想は?

サイドのメッキモール、ランニングボードとの連続性が出て、サイドのデザインのまとまりが良くなったと思います
私のNXはソニッククオーツなので写真では質感が伝わりにくいですが、グラファイトブラックガラスフレークなど濃色のボディカラーはより一層効果が体感いただけると思います

装着後のサイドビュー

質感もステンレスで申し分なく、またフィッティングも完璧でとてもいい商品でした。
両面テープやバンパープライマーが付属しているなど、親切なところも◎ですね。

非常におススメできる商品なのですが、リアバンパーステップガードと同じく、こちらのパーツも国内では入手が不可能なため、販売ページを作成しました。
興味のある方はご覧ください。

満足度:★★★★★
難易度:★☆☆☆☆
作業時間:5分

 



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら2つのサイトで見積を依頼してみました。

自動車保険一括見積もりサービス インズウェブ(SBIホールディングス)
自動車保険一括見積もり依頼サービス 保険スクエアbang!

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の2つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。
実際に加入した私の保険見積書も公開しております!