レクサスNXのリアにドライブレコーダーを装着(AUTO-VOX D6 PRO)

レクサスNXのリアにドライブレコーダーを装着(AUTO-VOX D6 PRO)

レクサスNXのリア用ドライブレコーダーとして、AUTO-VOX D6 PROを装着しました

ちなみにフロント用にはコムテック HDR-751Gを装着しています。

AUTO-VOX D6 PROの特徴

AUTO-VOX-D6 PROの特徴は下記の通り。

円筒形状の小型サイズ

液晶画面はなし

Wi-Fiで繋いだスマホのアプリで映像を確認

F1.8の明るいレンズとPanasonic製CMOSセンサー

Gセンサー搭載

西日本LED信号非対応

GPSなし/西日本の60Htz信号未対応が欠点ですが、リア用としては不要な機能ですので問題なし

むしろ液晶がなく小型な点はリア用にピッタリです。

動作状況は2つのLEDで分かります(赤の録画インジケーターと緑のWi-FI接続インジケーター)。

中国メーカーなのでスマホアプリの日本語が若干おかしいですが(使用済み容量と空き容量が逆など)、意味は分かるので許容範囲です笑

MicroSDは64GBを選択
フルHDで16時間強の録画が可能で、下記のモバイルバッテリーの動作時間に合わせてあります。

AUTO-VOX D6 PROを駐車監視に対応させるためには?

AUTO-VOX D6 PROの電源端子はMicroUSBになっており、USB端子付きのシガープラグとUSB-MicroUSBケーブルは付属するのですが、そのままでは駐車監視に未対応です。

通常はアクセサリーソケットやACC電源直結ケーブルでドライブレコーダーを繋ぐと思うのですが、今回はアクセサリーソケットとドライブレコーダーの間にパススルー給電対応のモバイルバッテリーを挟むことで、駐車監視機能に対応させました

パススルー給電とは

パススルー給電とは、モバイルバッテリーの充電をしつつ、同時にモバイルバッテリーの出力端子から給電を可能にする機能です。

モバイルバッテリーへの給電がなくなった場合は(エンジンOFFなど)、モバイルバッテリーから出力します。(切り替え時に一瞬電源遮断される場合あり)

USBケーブルを利用しているドライブレコーダーに限定されますが(HDR-751Gは12V駆動の専用ケーブルのため不可)、パススルー給電に対応したモバイルバッテリーを利用することで、駐車監視機能が利用可能になります

配線はこんな感じになります。

モバイルバッテリーを使った場合の配線

カーチャージャー・モバイルバッテリーともにQuick Charge3.0に対応した機器を利用することで、モバイルバッテリーの急速充電が行えます
具体的には、1分の充電で6分のドライブレコーダー駆動が可能。10分走行すれば1時間分、1時間走行で6時間分ですね。
かなり実用的な充電速度だと思います。

Quick Charge3.0非対応モデルでは、1分の充電で3分強ですので、QuickCharge3.0対応機器は約2倍程度充電効率がいいことが分かります。

今回使ったモバイルバッテリーはRAVPoweのRP-PB077です。

パススルー対応かつQuickCharge3.0対応可能で10,000mAhの大容量
変換時にロスがあるので、実際に使えるのは容量の6~7割程度ですが、それでも満充電時に0.35Aのドライブレコーダーを17時間程度駆動可能です。これなら旅行先での一晩もカバーできます。

アクセサリーソケットと充電器はこちらを利用。
もちろん充電器はQuickCharge3.0対応です。

さらに、今回モバイルバッテリーとドライブレコーダーを繋ぐUSBケーブルも一工夫。

使ったケーブルは、FosPowerのLED内蔵ケーブル(1.8m)

2018.11.14追記

現在は0.9mまでで、1.8mのケーブルは取り扱いがないようです。Amazon
使用する場合は0.9mのケーブルと、延長ケーブルを組み合わせて使ってください。

このケーブルは、給電状態に応じてMicroUSBのコネクタ部が光ります。

ケーブルのコネクタが光る

画像ではケーブル側も光っていますが、実物はコネクタ側のみでした。
ただし、Amazonのレビュー写真ではケーブル側も光っている写真があったので、ロットによって仕様が変わっているのかもしれません。

昼間はステッカーでドライブレコーダー搭載をアピールできるのですが、夜はステッカーの視認性が低下するので、ケーブルの光でアピールできればと思いチョイス。

ドライブレコーダーはスマホのように充電機器ではないので、どのように作動するか分かりませんでしたが、結果ドライブレコーダー動作中は赤色で点滅しました。希望通りで安心。

昼間は目立ちませんが、夜はほんのり点滅しているのが分かります。
ただし、駐車監視機能中(=モバイルバッテリーでの動作中)は電流量の関係か、充電ケーブルのLEDは点灯/点滅はしません

2018.11.14追記

コネクタの点滅ですが、通電してても点滅しないなど、LEDの動作が不安定になってきたので、リアドライブレコーダーの変更とともにケーブルを変える必要があったこともあり廃止
光るコネクタ付きのケーブルではなく、LEDの動作インジゲーターを作成しました。

取り付けの手順

ドライブレコーダーの位置決め

ラゲージのアクセサリーソケットに充電器を刺し、AUTO-VOX D6 PROと繋いで起動させます。
AUTO-VOX D6 PROとスマホをアプリで接続し、センターに来るよう位置決めし、付属の両面テープで固定します。

スマホで映像を確認しながら位置決め

バックドア内貼りの分解

配線をスマートにするため、ドライブレコーダーの電源はバックドア内から取るようにします

まずは上中央のパネルを取り外し。
クリップで留まっているだけなので、手で掴んで剥がしていきます。

中央の内張りを外す

バックウインドウ左右の内張りを剥がします。
トノカバーを引っ掻けるフックがクリップも兼ねています。写真のようにクリップの上部分を引っ張ると浮き上がります。

フックはクリップ兼用になっている

これでフック兼クリップが外れますので取り外し、あとはパネルを手で剥がしていきます。

バッグドア下面のパワーバックドアのコーションラベル及びスイッチ類を取り外します。
上側から内張り剥がしでこじってください。

必ず上面から剥がす

スイッチ類は下側からだと外れないようになっているので、必ず上から剥がすようにしてください。
力をかけすぎるとパーツが破損したり曲がるので注意。

パワーバックドアスイッチのカプラーを抜いておきます。

スイッチ類のカプラーは抜いておく

バックドア下の内張りを外します。クリップで留まってるだけなので、手で剥がします。

全ての内張りを外したところ

ドライブレコーダー用電源の確保

増設するアクセサリーソケットの電源を取ります。リアワイパーのカプラーの黄白線から拝借します。

ワイパーからIGN電源を確保

ちなみにNXのリアワイパーはIGNになっていますので、必然的にドライブレコーダーもIGN連動になります
※パワーバックドア内でACC電源見つけられず…。

アースはバックドア右下のアースポイントを利用。

アクセサリーソケットと充電器が外れないようにテープで固定。

テープでソケットとカーチャージャーを固定

バックドアのケーブルに固定します。

モバイルバッテリーもケーブルに固定。

モバイルバッテリーはスポンジテープで固定

走行中にカタカタ異音が発生しないように、クッションテープを貼り付けてあります。

アクセサリーソケットからの配線作業

モバイルバッテリーとAUTO-VOX D6 PROをUSBケーブルで接続します。

ケーブルは助手席側のリアガラス脇を這わせています。1.8mのケーブルでちょうどいい感じでした。

リアガラス脇にケーブルを這わせる

内貼りを戻せば完了です。

AUTO-VOX D6 PROの評価と感想は?

バックミラーでの見え方はこんな感じ。それほど気になりません。

バックミラー越しで見たところ

やはりミニマムな円筒型はリア用ドライブレコーダーにピッタリですね。

走行映像も、プライバシーガラスの影響はそれほどなく、いい感じに撮影できています。

実際の映像については今後レビューしたいと思います。

ご注意事項

モバイルバッテリーにはリチウムイオン電池が使われており、粗悪な製品では破裂や火災の危険もありますで、ドライブレコーダーの駐車監視用電源としてモバイルバッテリーを取り付ける際は自己責任でお願いします

半年以上経過しましたが、今のところはトラブルは一切ありません。

費用:約18,000円(AUTO-VOX D6 PRO+カーチャージャー+ケーブル+バッテリー+シガーソケット+MicroSD)
満足度:★★★★★
難易度:★★☆☆☆
作業時間:60分



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら3つのサイトで見積を依頼してみました。

自動車保険一括見積もりサービス インズウェブ(SBIホールディングス)
楽天自動車保険一括見積もり
自動車保険一括見積もり依頼サービス 保険スクエアbang!

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。
実際に加入した私の保険見積書も公開しております!