レクサスUXワイパー&ディマースイッチ 三度目の正直…

レクサスUXワイパー&ディマースイッチ 三度目の正直…

LIFE with NXからのお知らせ

ほぼ新品に近い状態のレクサスNXオプション18インチホイールと国産スタッドレスタイヤをセットでお譲りします。
ホイール・タイヤともに非常に状態は良いです。ご興味がある方はこちらをご覧ください。


こんばんは。最近ブログの更新頻度が落ち気味で申し訳ないです…。ネタはちょいちょいあるのですが、しばらく忙しい状態が続きそうです。

UXワイパー&ディマースイッチ変換ユニットの進捗状況

先日レクサスUXワイパー&ディマースイッチ変換ユニットが完成したという記事を載せましたが、先週末実車でテストした結果、不具合&要件不足があることが判明しました(;´Д`)

具体的な不具合は2点あります。

不具合① リアワイパーウォッシャーが動作しない

実車に変換ユニットを付けてみましたが、リアワイパーウォッシャーが正常に動作しません

これは、NXの配線図の読み間違いが原因。ウォッシャーページ32の動作には電源が2つ絡んでいたのですが、それを誤解して、その2つの電源ををフロントワイパーウォッシャーとリアワイパーウォッシャーの動作に分けて捉えていました。正しくは、フロントウォッシャーの動作には2つ同時電源を作動させる必要があります。ちなみに、リアワイパーウォッシャーの動作については配線図で公開されていません(まさか公開されていないとは思わなかったので、前述のフロントワイパーウォッシャーの2つの動作を、フロントとリアの2つの別の動作であると誤解してしまった)。

改めてスイッチ現物の動作を確認し、リアワイパーウォッシャーを動作させるための2つ電源を確認。

当然、今までの基板には考慮に入れていなかったので作り直しが必要です。

不具合② AHSインジケーターが暗い/ワンタッタチハイビームが機能しない

2つ目の不具合として、AHSインジケーターは点灯するもの、LEDインジケーターの点灯輝度が非常に暗い。その上、ワンタッチハイビームも機能しません

UXのディマースイッチにはワンタッチハイビームの動作インジケーターを内蔵

これは、変換ユニットのAHSインジケーターとワンタッチハイビーム機能に使った電流値が実車では非常に低いため。テスト用のAC電源では動作確認が取れていましたが、実車の電流値はそれらを正常に動作させるためには不足していたことになります。

電源の取り直しと一部設計変更、一部スイッチ配線の修正が必要で、基板に手を加える必要があります。

やはり実車でテストすると、テスト環境との違いから色々問題が発生しますね…。

三度目の基板修正&発注

以上により、再度の基板修正と発注が必要になり、先週末発注済み。

再修正した基板

既に日本に到着しているようなので、今週末には部品の実装と実車でのテストが出来そうです。プログラムも修正済みです。

(台風が何事もなく過ぎればですが)

三度目の正直になればいいのですが…

 



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら3つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!