レクサス、新電動化ビジョンを象徴するEVコンセプト「LF-30 Electrified」ワールドプレミア【東京モーターショー 2019】

レクサス、新電動化ビジョンを象徴するEVコンセプト「LF-30 Electrified」ワールドプレミア【東京モーターショー 2019】

LIFE with NXからのお知らせ

鼓動点滅ユニットの在庫が2個限定で納品されました。
先着順となりますので、ご興味がある方はこちらをご覧ください。
→残り1個となりました。


東京モーターショーでレクサスがEVコンセプトカーを発表しました。

事前の記事はこちらですが…、予想がまさかの大外れ笑

車重が航続距離に影響するEVという性格と、ダッシュボードに映ったハッチバックの形状からCセグ(VWゴルフ=CTクラス)だと勝手に予想しましたが、発表されたのは5090×1995×1600mmと、レクサスRXよりも大きなEVコンセプト、「LF-30 Electrified」でした。

LF-30 Electrifiedの詳細

LEXUS LF-30 Electrified

SUVとハッチバックを足して2で割ったようなワンモーションフォルムです。

ボンネットのないフォルムを活かし、レクサスのデザインアイコンでもあるスピンドル形状をボディ全体のアーキテクチャとしてさらに進化。フロントからリアまでひと続きとなるウィンドウガラスと張り出したフェンダー、翼形状のヘッドライトでスピンドルを形成。また、流麗なフロントから直線的でシャープなリア形状へと推移する個性的なボディ形状としたほか、翼形状のヘッドライトやリアライトおよびサイドエアインテークなど、優れた空力性能や冷却性能を意識し、機能とも融合したデザインとした。

LEXUS LF-30 Electrifiedのエクステリア

レクサスのコンセプトモデルは、UXコンセプトやLF-NXのような商品企画が実際に進行しているモデルと、LS+のようなレクサスの目指す未来像を提示するモデルに分かれますが、今回のLF-30 Electrifiedはいかにも後者といったコンセプトモデルです。2030年の自動運転を見据えた技術を搭載とのことです。

NXのコンセプトモデルであるLF-NX

ドアは何と2ドアでガルウイングが採用されています。

ドアはガルウイングを採用

インホイールモーターを採用し、ホイール内にはLEDのイルミが搭載されています。

ホイール内のイルミ

インテリアでは新コンセプト「Tazuna」に基づくコクピットを設計。手綱1本で意思疎通を図る人と馬の関係性にヒントを得て、ステアリングスイッチとヘッドアップディスプレイを高度に連携させ、視線移動や煩雑なスイッチ操作をすることなく運転に集中しながらナビゲーションやオーディオ、ドライブモードセレクトなど、各種機能の制御が可能な空間を実現。LF-30 ElectrifiedではTazuna Cockpitの将来像を提示すべく、ARによる車両情報表示やジェスチャーコントロールなど、次世代のインターフェースを採用。ドライバー、同乗者にとって快適で利便性の高い室内空間を実現したという。

LF-30 Electrifiedのインテリア

人口筋技術を応用し、座る人の体形に合わせてフィットしたり、リクライニング、リラクゼーション、アラートなどのさまざまな機能を備えた後席シートを採用するほか、ヘッドレストに内蔵されたスピーカーは最適なオーディオ環境提供に加えノイズキャンセリング機能を搭載した。

後席のグラスルーフにディスプレイウィンドウ「スカイゲート」を搭載。音声認識やジェスチャーコントロールで、ARによるリアルな星空やナビゲーションなど様々な情報を表示可能。フロア、ステアリングホイールなどには日本の伝統素材の焼杉を採用、リサイクル金属を繊維に加工したドアトリムを採用するなど、再生素材を利用することで環境負荷を低減している。

グラスルーフの映像表示は、公開された動画を見たほうが分かりやすいかもしれませんが、完全にSFの世界ですね…。

LF-30 Electrifiedのインテリア
LF-30 Electrifiedのインテリア

主要諸元も一応公開されていますが、あくまでコンセプトなので参考です。

全長:5090mm
全幅:1995mm
全高:1600mm
ホイールベース:3200mm
重量:2400kg
航続距離[WLTP]:500km
バッテリー容量:110kWh
充電電力:150kW
0-100km加速:3.8秒
最大速度:200km/h
最高出力/最大トルク:400kW/700Nm

動画も公開されています。

まさに近未来を舞台にしたハリウッドのSF映画のような感じですね。

市販EVモデルは来月発表

直近では11月にレクサス初のEV発表を予定しているほか、2020年代前半でPHVやEV専用モデルを投入する計画とのこと。

今回、正式にEVを発表することを明らかにしました。特に需要が高い欧州・中国向けとのことですが、予想通りUX300eになるのでしょうか。

UXコンセプト


記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら3つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!