レクサスNX用ワンオフスカッフプレート(ステンレスプレート試作品&発光部試作品)

レクサスNX用ワンオフスカッフプレート(ステンレスプレート試作品&発光部試作品)

LIFE with NXからのお知らせ①

タイヤ空気圧表示ユニットの在庫はなくなりました。現在12月上旬の入荷分を受け付け中です。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ②

ウェルカムモーションユニットは予備分も含めて完売しましたので、販売を一時停止します。キャンセル待ちは可能です。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

前回の記事では次回予告としてアウトサイドのスカッフプレートと書きましたが、予定を変更してステンレスプレートの試作品と発光部の試作品を作ったのでご紹介します

アウトサイドのスカッフプレートは色々なパーツをテストしていますが、後日改めてご紹介予定。

アウトサイドのスカッフプレートの検証写真(これは一部)

まだ若干の修正は必要ですが、方向性は見えてきており、完成の目処もほぼつきました

ステンレスプレート試作品

現在私が進めているのは、純正ステンレスプレートから完全交換するタイプのスカッフプレートです。まずはこの部分から解説していきます。

まずこちらが純正のスカッフプレート。写真は”I package”のものなので、レクサスロゴのみでプレートはありません。

レクサスNX純正のスカッフプレート

一般にスカッフプレートの自作では純正のステンレスプレートを流用することが多いと思いますが、個人的にはここが鬼門だと思っていますステンレスプレートは樹脂パーツに強力両面テープで圧着されており、曲げたり加工痕を付けずに外すのがかなり難しい

実際に外すと高い確率でこのような感じになります(実際に剥がしたのは”version L”のスカッフプレートなのでロゴプレート部分があります)。こうなってしまっては再利用は不可能です

ステンレスプレートを強引に樹脂パーツから剥がすと曲がり痕が付いてしまう

さらに、外した後にプレートにイルミネーション用に穴を開ける工程も非常に難度が高くなっています。パワフルなハンドルーターが必要となり、加工中も誤ってステンレスプレート部を傷つけてしまうリスクが存在します(ちなみに”version L”や”F SPORT”のスカッフプレートの場合、ロゴプレートを剥がしてもプレート形状の穴が開いているわけではありません)。

この、ステンレスプレートの分離と加工が一番の難関だと考え、両方をクリアする方法として、ステンレスプレートのワンオフ製作を考えました

純正のステンレスプレートは再利用せずに廃棄、新しく専用のスカッププレートを嵌め込みます。

こうすることで、再利用する必要がないので、傷などを気にすることなく純正ステンレスプレートを樹脂からバリバリと剥がすことが可能になります

ステンレスプレートを作成するにあたって、サイズとイメージの確認のため、アクリルで試作品を作成しました。

まずは純正インテリアイルミネーションASSY対応バージョン。

アクリルで作成したステンレスプレート試作品(純正インテリアインテリアイルミネーションランプASSY対応版)

純正のステンレスプレートと全く同サイズに仕上げています。

あらかじめロゴ部分がくり抜かれており、開口部のサイズは先日検証した純正インテリアインテリアイルミネーションランプASSYにあわせていますので、純正部品をそのまま流用可能ですし、後ほど紹介するオリジナルパーツをセットすることも可能です

続いて、前回公開したレクサスLC “PATINA Elegance”インスピレーションのデザインで使用するステンレスプレートの試作品がこちらです。

アクリルで作成したステンレスプレート試作品(オリジナルデザイン対応版)

レクサスロゴをくり抜いています(マスキングテープを使用したのはEとXの間の分離パーツが脱落するのを防ぐため)。

アクリルで作成したステンレスプレート試作品(オリジナルデザイン対応版)

このステンレスプレートに、ステッカーを組み合わせる形になります(もちろんステッカーは貼らなくても大丈夫です)。

スカッフプレートのデザイン

発光部試作品

続いて発光部の試作品です。

初期試作品

まずは検証のため、このようなパーツをアクリルで作ってみました。

試作品の発光部パーツ

上から、クリアーアクリルのレクサスロゴ、LEDユニット、片面(裏面)にレーザーでブラスト加工したクリアーアクリル、乳白色アクリルです。

レーザーでブラスト加工したクリアーアクリルには、角形のLEDがちょうど収まるように切り欠きを設けています

レーザーで片面をブラスト加工

レクサスロゴですが、ステンレスプレートを1mm厚で作成するため、アクリルプレートだけだと段差が気になるかなと思い、1mm厚のアクリルでロゴプレートを作成してみました(ステンレスの開口部にそのまま入れ込むことでツライチになるイメージ)。

実際に発光させてみたのがこちら。

アクリルプレートの中央部が暗い

左右にLEDが2つずつ搭載されているのですが、中央部分までは光が届かずにムラになってしまっています。今回、均一にプレートを光らせるために角形の広角LEDを使ったのですが、それが裏目に出た可能性があります。もしかすると、狭角のLEDを使えば中央部まで問題なく照らせるかもしれません。

広角LEDだと光が中央部まで届かないが、狭角LEDなら中央部まで届くかもしれない

そこで、角砲弾3mmLEDにも対応できるよう切り欠きを作ったプレートも作成したので、狭角の3mmLEDでテストしてみます。

3mm砲弾型で切り欠いたプレート

テスト結果は…

狭角の3mm砲弾型でも結果は変わらず

変わらない…。

狭角の3mm砲弾型を使った場合でも中央部分が暗くなってしまいます。むしろ、丸型に切り欠いた部分がレンズのような役割をしてより広角に照らしているイメージすらあります。

乳白色アクリルをやめてアルミ箔を敷いてみたりと何パターンか試したもののあまりいい結果が出ず、サイドから照らすのは無理と判断。

色々試した結果最終的には、上下方向(もしくは上からだけでもOK)からLEDテープで照らす方式がうまくいきそうなことが分かりました

上からLEDテープで照らすといい感じ(実物はムラがほとんどありません)

写真ではムラが感じられますが、実際にはほとんどムラはありません。どうしても気になる場合は上下から照らせば解決します。

また、ツライチになるように作成した1mmのアクリルプレートは不採用を決定。一部細かい部分の強度が足りないのと、レーザーの熱でアクリルが一部白化してしまうためです。ツライチにする方法は別の方法を考えましたので、後述します。

上記踏まえて、プロダクトモデル一歩手前の発光部を紹介します。

純正インテリアインテリアイルミネーションランプASSY代替品

まずは角形にくり抜いたステンレスプレート対応バージョンです。

開口部が角形のスカッフプレート

純正インテリアインテリアイルミネーションランプASSYが1個5,000円程度(前後で揃えると2万円弱)する上、発光色をホワイトにするためには加工が必要になるため、もう少し安価にするために作成しました。

オリジナルインテリアインテリアイルミネーションランププレート(試作品)

純正品と同じく、ロゴは裏面にレーザー加工で彫刻しています

ロゴは裏面にレーザー彫刻

LEDテープで上面から照らして発光させるとこのような感じ。先ほどの初期試作品と比べるとロゴが綺麗に発光しているのが分かるかと思います。

オリジナルインテリアインテリアイルミネーションランププレート(試作品)

LEDの照射は上方向からだけですが、ムラがほとんどありません。

アクリルプレートの下には、写真ではアルミホイルを敷いていますが、ヘアラインのアルミテープやステンレステープを敷くといいのではと思います

今回のでも十分なクオリティですが、プロダクトバージョンではもう少し深く掘り込んで立体感と高級感を高めます

オリジナルデザイン用

オリジナルデザインの場合、ステンレスプレートはロゴ部分がくり抜かれている形状になります。

アクリルで作成したステンレスプレート試作品(オリジナルデザイン対応版)

このステンレスプレートに嵌め込む発光部は最終的にはこのような感じにしようと思っています。

オリジナルデザイン用の発光部(試作品)

上記のプレートは、ロゴ以外の部分をレーザー彫刻で削っています。そのため、横から見ると削っていないロゴ部分だけが少し盛り上がった形状になっています。

ロゴ部分が盛り上がっている

試作品なのでレーザーのパワーが読めず少し浅い感じになりましたが、ステンレスプレートの厚みと同じ1mm削り込むことで、ステンレスプレートに嵌めたときにツライチになるようにします(正確には完全なツライチではアクリルプレートに傷が付きやすくなるため、削る深さは1mmよりも少なくする予定)。

ステンレスプレートの厚み分削ることでツライチにする

レーザー彫刻でロゴ部分の段差を作ることにより、ロゴ部分を1mmのアクリルから切り出して用意する必要がなくなります

この試作パーツを光らせてみました(アクリルで作った試作スカッフプレートに装着した状態で撮影)。

オリジナルデザイン用の発光部(試作品)

綺麗に光っていますね。これをステンレスプレートに嵌め込めば綺麗な面発光が表現できそうです。

ステンレスプレート試作品&発光部試作品のまとめ

ステンレスプレート含めて、順調に進められているのではないかと思います。

アクリルで作成したステンレスプレート試作品(オリジナルデザイン対応版)

今回はフロントパートの紹介のみでしたが、当然リアパートも進めています。こちらは発光部はフロントと同じで、ステンレスプレートの形状が違うだけとなります。

リアのスカッフプレートデザイン
純正インテリアイルミネーションランプASSYを利用するバージョン

今回正式なプロダクトバージョンに向けて概ねいい試作品が出来たため、いくつか改善・微調整してプロダクトバージョンに持っていく予定です

アクリルをレーザー加工しているので、少し費用は嵩みますが、それでも目標だった”前後で純正オプション以下”の範囲にはなんとか収まりそうです(ちなみに自分の分だけで考えた場合は、色々な部品を買い集めたり試作している関係上、純正オプションを超えますが…汗)。

ステンレスプレートは明日発注予定です。

 

 

 

新規記事が公開された際のお知らせメール配信サービスを開始しました。
新規記事公開通知の登録/登録解除はこちら

記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

レクサス車の購入をご検討中の方へ

レクサスでは基本的に車両本体・メーカーオプションの値引きはゼロですが、既存オーナーからの紹介を受けることによって、ディーラーオプションのサービス等の特典が受けられます

紹介キャンペーンの詳細はこちらにまとめています。

当方からディーラーのご紹介が可能ですので、都内近郊でレクサス車をご検討中の方はお問い合わせよりご連絡くださいませ。


愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら2つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!