ルーフボックス・アタッチメント装着に必要なものは?

ルーフボックス・アタッチメント装着に必要なものは?

レクサスNXにクロスバーとルーフボックスを取り付けたので、今回はルーフに載せる各アタッチメントと、取り付けるためのクロスバー/ベースキャリアについて書きたいと思います。

これからルーフボックスやアタッチメントを装着しようと考えている方は、参考にしていただければと思います。

ルーフボックス・アタッチメントの装着に必要なこと

ルーフボックスやサイクルキャリアなど、アタッチメントを設置するためには、“クロスバー”もしくは”ベースキャリア”という、ルーフ上に各種キャリアを設置するための土台が必要になります。

クロスバー

クロスバーとは、主にルーフレール装着車に装着できるバーで、バー・ステー・フックが必要になるベースキャリアと異なり、クロスバーはそれ単体でアタッチメントが装着できるようになります。
ベースキャリアと異なり、用意されている車種が限定されます。

ルーフレールを付けていないとクロスバーは原則使えないので、メーカーオプションでルーフレールを付けなかった場合は必然的にベースキャリアしか選択肢がありません
クロスバーの装着を考えている場合は、注文段階でルーフレールを付けるようにしてください。

NXは純正オプションのクロスバーも用意されているのですが、56,160円と高額なため、私は社外品のクロスバーを購入・装着しました。

純正オプションの価格は56,160円

ベースキャリア

ベースキャリアは、バー・ステー(フット)・フック(取り付けキット)の3つのパーツで構成されており、車種やフィックスポイントの有無やルーフレールの有無/形状にあわせて用意する必要があります。

ベースキャリアの概要

ちなみにバーは各メーカーで共通で「バー」ですが、「ステー」と「フック」はメーカーによって呼び名が違います。

各メーカーでの呼称

3つのパーツが必要になりますが、その分車種にあわせてパーツを選択できるので、様々な車種に対応しやすいのがメリットです。
一方、デメリットとしては3つのパーツを揃える必要があるのでややコストかかります。(そうはいっても純正クロスバーよりは安かったりします)

バー

各種キャリアを載せるためにルーフの左右に渡すバー。
エアロベース(断面が楕円形)スクエアベース(断面が四角)の2種類があり、車の幅にあわせたサイズを用意します。
エアロベースの方が外観がスマートなのと、空気抵抗も少ないのでオススメ。

エアロバーのほうが外観がスマートで空気抵抗も少ない

THULEでは車体との一体感を重視したウィングバーエッジもあります。

ステー(フット)

バーを装着するパーツ。バーの形状やフック(取り付けキット)によって異なります。

ボディにあわせてタイプは様々

フック(取り付けキット)

ベースを車体に取り付けるためのパーツ。フィックスポイントの有無やルーフレールの有無/形状にあわせて用意します。

迷ったらセット品が安くて安心

ベースキャリアはバー・ステー・フックで様々な組み合わせがあるので、迷ってしまう場合もありますよね。
メーカーの適合情報で車種を探せば、それぞれ何を買えばいいのか分かるようになってはいます。

CARMATE INNO 車種別適合情報

PIAA TERZO  車種別適合情報

THULE 車種別適合情報

ルーフレール有りのNXに対応しているのは、INNOとTHULEのみで、PIAAはルーフレール無し用のみのようです。

NXの場合は、楽天で販売しているセットモデルが適合を満たしており、それぞれを単品で買うよりも安く揃えることができます。

ルーフレール有り用(INNO)

ルーフレール無し用(INNO)

ルーフレール無し用(TERZO)

ルーフボックス・アタッチメント

アタッチメントとは、ベースキャリアやクロスバーの上に取り付ける、荷物を載せたり固定するパーツのことです。
広義の意味ではルーフボックスもアタッチメントに含まれます。

様々なアタッチメント

アタッチメントは、メジャーなところではウィンターキャリア(スキー・スノボ用)やサイクルキャリア(自転車用)、サーフボード用などがあります。
積みたいものにあわせて、選択してみてください。

特にTHULEは海外メーカーなだけあって、アタッチメントの種類が豊富です。

SUVだとこういったキャリアが似合うのもメリットですね。
ぜひクルマとあわせて趣味を楽しみましょう。



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら2つのサイトで見積を依頼してみました。

自動車保険一括見積もりサービス インズウェブ(SBIホールディングス)
自動車保険一括見積もり依頼サービス 保険スクエアbang!

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の2つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。
実際に加入した私の保険見積書も公開しております!