レクサスNXの注文書を公開!乗り出し価格や値引き条件は?

レクサスNXの注文書を公開!乗り出し価格や値引き条件は?

2018年3月24日に納車されたレクサスNXの実際の注文書を公開します。

レクサスは基本的に車体からの値引きは0なので、いつ買っても同じですので、これからレクサスを買ってみようという方にも参考になると思います。
もしよかったら参考にしてみてください。

「サイトに書いてあったから自分も…」というような無理な値引き要求はしても無駄ですし、担当SCさんが困るだけなのでしないでくださいね。

あくまで”交渉の中でこういったことも引き出せる”程度に見ていただければと思います。

なお、都内のディーラーであれば当方からのご紹介が可能です
レクサスは通常車両値引きはゼロですが、紹介を受けることにより、約10万円相当ディーラーオプションのサービスが可能ですので、これからレクサス車を検討されている方はお問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。CPOの場合でも、新車とは少し条件が異なりますが、サービスの紹介が可能です。

なお、上記はあくまで紹介を受けることによるサービスですので、通常のサービスの交渉、下取り価格の交渉は別途可能です。

レクサスNX購入の経緯

私のレクサスNXは2017年10月30日に発注しました。
2017年10月に金沢に転勤になったことから、車を購入することを決意し、トヨタやアウディ、BMWのディーラーを訪問し、最終的にはレクサスで購入することを決定。

発注までの商談は2回で、1回目は長めの試乗と必要なオプションを記載した見積の作成、2回目は最終的な条件交渉といった流れで決めました。

レクサスNXを選んだポイント

レクサスNXを選んだ理由は下記の通りです。

デザイン。特に大胆なサイドのプレスラインとシャープなヘッドライト

扱いやすいサイズ感。特に車幅は街中で気軽に乗れるサイズ。(RXは細い道でかなり気を使う)

レクサスは3年間のメンテナンス費用がコミコミ、ナビが標準装備であるため、価格的に競合車との差額が思ったほどない。

値引きやサービスの条件が良かった

[重要]マイナーチェンジでNXの弱点がほぼ解消された

[重要]ディーラーと担当SC(営業)さんの対応が素晴らしかった

といったことが決め手になりました。

2017年9月のマイナーチェンジで大幅に商品力が向上したのは大きかったですね。
特にスピンドルグリルのデザイン変更ナビ画面の大型化は決め手になりました。

また、担当SCさんも色々頑張ってくれたので気持ちよく買うことが出来ましたし、納車までの間も本当にお世話になったので今でも感謝しています。

発注した注文書

では、最終的に発注した注文書を公開します!

レクサスNX注文書1枚目
レクサスNX注文書2枚目

レクサスNX300 “I Package” 2WD
諸費用込で5,113,800円

付けたオプションは下記のとおりです。

メーカーオプション

225/60R18 100Hタイヤ&18X7Jアルミホイール (ダークメタリック塗装+切削光輝)

パーキングサポートブレーキ (静止物)[PKSB]

ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックアラート[RCTA]

ムーンルーフ (チルト&アウタースライド式)

ルーフレール

スペアタイア

ディーラーオプション

ナンバーフレーム(フロント・リヤ)

ボディコート

テレビ/ナビキット

これらの選択理由についてはこちらの記事に書いてきますのでよかったらあわせてどうぞ。

レクサスで値引きは可能か?

結論から書くと、全国どのレクサスディーラーでも購入にあたっては 車両からの値引きはゼロです。(システムで入力できないようになっている)

ただし、以下の内容は交渉が可能です。(交渉が可能なだけであって、サービスしてくれるかは時と場合とディーラーによります)

ディーラーオプションからの値引き(大きすぎる値引きはシステムでエラー)

諸費用

下取り車の価格上乗せ

私の場合は、クルマがない状態で転勤したので当然下取りもありません。
そこで、ディーラーオプション、諸費用での条件交渉となりました。

自分の場合最終的には、

ディーラーオプションから、
ボディーコーティング全額値引き=140,000円
テレビ/ナビキットから値引き=21,144円
の値引きとなり、

ガソリン満タン=9,240円相当(ハイオク1L=154円で計算)

もサービスいただけることになりました。

結果、

値引・サービスの総額:161,144円

となりました。

諸費用ですが、納車費用はディーラーに出向くためカット
(レクサスはディーラーで納車式があるので、 自宅での引き取りを希望しない限り大抵カットになるかと)
車庫証明取得も自身でやるためカットしました(ちなみに車庫証明取得費用は2,500円、取得の代行手数料18,684円)。

車庫証明取得は金沢で1回、都内でナンバー変更の際にもう1回やりましたので、取得の流れ完全にマスターしたので記事にまとめました。

 LIFE with NX
LIFE with NX
https://with-x.com/archives/394
レクサスNXのカスタマイズと趣味のブログ

車庫証明の取得のためには、市役所に1回(住民票の取得)、警察署に2回(車庫証明の申請と受け取り)行く必要はあるのですが、約2万円の費用カットになりますので、余裕があればオーナーで取得してもいいのではないかと思います。(警察に出す車庫証明取得費用2,500円は自分で取得する場合も必要です。)

値引き以外のサービス

また、値引き以上に大きかったのが、無料のレクサス車の代車です。

これは、冬の金沢での生活/観光、北陸旅行では本当に助かりました
自分本当に車持ってなかったので、これがなかったら毎回レンタカーを借りる羽目になっていたはず。

代車は基本はNXでしたが、RCもお借りできて貴重な体験ができました。

あくまでいろいろご縁があって先方からご提案いただけたサービスなのでサイトを見たからと無理な要求はしないでくださいね。
それくらいレクサスでは、顧客満足度の高いサービスや接客を受けれるという意味です。

このような経緯で金沢でレクサスNXのオーナーになりました

オーナーの転居に伴う担当ディーラーの変更

その後転勤で金沢から東京に移動したわけですが、引っ越しが決まった際は、金沢のディーラーにて担当ディーラー移管の手続きをしていただきました。

レクサスでは、オーナーが転勤などで担当ディーラーを変更する場合、経営母体の違うディーラーであってもGM(店長)同士でオーナー情報やメンテナンス情報を引き継ぎしていただけます
実際に私は納車直後に金沢から東京に転勤になりましたが、きっちり引き継ぎしてもらえました。

都内のディーラーでは洗車も毎回無料でしていただいていますし、その店で購入した他オーナーと違う対応をされたこともありません
こういった対応がしっかりしていることはレクサスを買う大きな安心感ですね。
(ちなみにアウディでは自分で買った店の顧客にしか代車は貸さないなどと言われました…orz)

現在でも車両、ディーラーの対応ともに満足していますので、レクサスで購入して本当に良かったと思っています

まだレクサス車を保有したことがない方は、一度ぜひご検討いただければと思います!

冒頭にも書きましたが、お声がけいただければご紹介によるサービスは可能です



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら2つのサイトで見積を依頼してみました。

自動車保険一括見積もりサービス インズウェブ(SBIホールディングス)
自動車保険一括見積もり依頼サービス 保険スクエアbang!

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の2つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。
実際に加入した私の保険見積書も公開しております!