LEXUS、UXに特別仕様車“Blue Edition”を設定

LEXUS、UXに特別仕様車“Blue Edition”を設定

LIFE with NXからのお知らせ①

鼓動点滅ユニット”version 2″が完成しました。即納可能なフリー在庫は残数あと僅かとなりました(9/4)。
注文はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ②

タイヤ空気圧表示ユニットの次回納品分の予約希望を受付中です。既にフリー在庫は少量なため、購入希望者はお早めにご連絡ください。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ③

ステアリングヒーター自動ONユニットの受注生産を9月末までの限定で受け付けしています。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

LIFE with NXからのお知らせ④

ウェルカムモーションユニットが完成しました。注文受け付け中です。
商品・購入の詳細はこちらをご覧ください。

2020年1月9日にレクサスNXの特別仕様車”Bronze Edition”が発売されましたが、同時にレクサスUXの特別仕様車”Blue Edition”も設定されています。

当サイトはレクサスNXオーナーのため、レクサスNX “Bronze Edition”はミッドタウン日比谷の展示車をはじめガッツリ記事にしましたが、レクサスUX “Blue Edition”については若干放置気味でした笑

今回はレクサスUXの特別仕様車”Blue Edition”についてまとめてみたいと思います

レクサスUX特別仕様車“Blue Edition”の概要

早速特別仕様車の概要を見ていきましょう。

UX200 特別仕様車“Blue Edition”(セレスティアルブルーガラスフレーク)<オプション装着車>

UXの特別仕様車“Blue Edition”は、UX200をベースに専用内装色コバルト&ブラックを採用したほか、ルーフレール、ハンズフリーパワーバックドア、パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]などを標準設定し、よりアクティブなスタイルで多様なライフシーンに応えます。また、特別仕様車“Blue Edition”を含むUX200全車で、ラゲージスペースを拡大したローデッキタイプを標準設定し、最大荷室容量310ℓ(アンダーデッキを含む)を確保しました。

出典:レクサス公式ウェブサイト

今回のUXの特別仕様車“Blue Edition”はレクサスUX200(ガソリンモデル)のベースグレード(最廉価グレード)がベースになっています。

トヨタ・レクサスの特別仕様車の多くは、お買い得なミドルレンジグレードに特別装備を追加することでさらにお得感を出した仕様にすることがほとんどなので、ベースグレードが特別仕様車に採用されること自体がちょっと驚きでした

レクサスUXの場合は、レクサスへのエントリーモデルと言う役割もあるので、その中でも買いやすいベースグレードが選ばれたのかもしれません。

レクサスNX “Bronze Edition”と同様、ガソリンモデルでハイブリッドの設定はありません。これはUXの販売構成比がハイブリッドにかなり偏っているので、ガソリンモデルへのテコ入れの意味もありそうです。

主な特別装備は下記の通りとなっています。

UX200 特別仕様車 特別装備

  • 特別仕様車専用内装色コバルト&ブラック
  • インストルメントパネル(和紙調シボ/コバルト)
  • ファブリックシート(ブラック)
  • オーナメントパネル(ヘアライン加飾)
  • スカッフプレート(LEXUSロゴ付)
  • LEDフロントフォグランプ&LEDコーナリングランプ
  • 215/60R17タイヤ&エアロベンチレーティングアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)
  • パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]
  • ルーフレール
  • ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)

主に内装色の変更と、内装・外装にベースグレードでは本来装備されない/装備できないオプションが追加されている形です。

ブラック塗装のスピンドルグリルやドアミラー足元照明、ブロンズカラーのオーナメントなど、特別仕様車限定の装備があるNXとは違い、UXでは他のグレードでも選べる装備やメーカーオプションの追加になってるのが大きな違いですね。

レクサスUX特別仕様車“Blue Edition”のエクステリア

“Blue Edition”というだけあって、セレスティアルブルーガラスフレークがプロモーションカラーになっています(セレスティアルブルーガラスフレークは税込165,000円のメーカーオプション)。

UX200 特別仕様車“Blue Edition”(セレスティアルブルーガラスフレーク)<オプション装着車>

エクステリアにおけるベースグレードとの違いは、215/60R17タイヤ&エアロベンチレーティングアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)とルーフレール、フロントLEDフォグランプが追加になっている点です。

215/60R17タイヤ&エアロベンチレーティングアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)

ベースグレード(version C)は標準ではシルバーメタリック塗装となっており、ダークメタリック塗装は税込5,500円のメーカーオプションになります

先日発表された新型GLAでも純正で20インチのホイールが選択できるなど、Cセグメントにおいてもホイールは大径化の傾向にあるので、正直17インチだと寂しいところ。

ルーフレールは全グレード追加可能なメーカーオプションで価格は税込33,000円。実際にキャリアを使うかは人によりますが、ルーフレールはエクステリアデザインでもSUVっぽさが強調されるので個人的には好きな装備です(自分の場合はスノボに行くためにキャリアを装着するという意味でも重要ですが)。

フロントLEDフォグランプはベースグレードに税込34,100円で追加可能。ただし、ベースグレード同様、三眼フルLEDヘッドランプ(+アダプティブハイビーム)が装着できない点には注意が必要です(オートマチックハイビームは標準装備)。

三眼フルLEDヘッドランプは装着不可

レクサスUX特別仕様車“Blue Edition”のインテリア

続いてインテリアです。

専用内装色(コバルト&ブラック)

インテリアでの大きな変更点は、内装色にコバルト&ブラックのツートンが採用されている点です。シート素材は、ベースグレードと同様にファブリックとなります。

また、シート調整も運転席・助手席ともにマニュアル調整式になります。

専用内装色(コバルト&ブラック)

通常のベースグレードの内装色は、コバルト&ホワイトアッシュか、ブラックのみの内装となりますが、特別仕様車”Blue Edtion”ではコバルト&ブラックを組み合わせになります。オーナメントはコバルトがよくてもホワイトッシュの内装が汚れが気になって選択できなかった方にはちょうどいいのではないでしょうか。

レクサスUXベースグレードの内装色の組み合わせ

そのほか、細かい質感アップのポイントとして、コンソールやウインドウスイッチ周りのオーナメントパネルが無塗装樹脂からヘアライン調のパネルに変更され、スカッフプレートへロゴが追加されます。

ベースグレード,/”version C”にはスカッププレートなし
スカッフプレート(LEXUSロゴ付)

これらはベースグレードにはメーカーオプションでも装着できませんので、特別仕様車のみの装備になります

また、今回の特別装備とあわせて、通常モデルでも変更になっているのですが、ラゲージがローデッキが標準となりました(スペアタイア装着またはハイブリッドはハイデッキのみ)。

ラゲージ(ローデッキタイプ)

これまでフラットで荷室容量がほとんどなかったのが、15cmほどフロアが下がり、荷室容量が少し改善されました(とは言ってもNXと比較するとまだまだ狭いのですが…)。

ラゲージ(ハイデッキタイプ)

レクサスUX特別仕様車“Blue Edition”のその他の装備

その他の安全・便利装備として、パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]とハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)が装備されています。

パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]は税込28,600円でベースグレードに装着が可能。必須といってもいい安全装備です。ただし、ブラインドスポットモニター[BSM]やパノラミックビューモニターはメーカーオプションでも装着できないので注意。

ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)は税込82,500円のメーカーオプション(”version L”/”F SPORT”に標準装備)。これもあると便利な機能ですね。

ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)

まとめ:レクサスUX特別仕様車“Blue Edition”は買いか?

最後に“Blue Edition”の価格です。

“Blue Edition”の価格

“Blue Edition”は2WDのみとなりますが、税込405万円となっています。

通常のベースグレードが3,972,222円ですので、特別仕様車の差額は税込77,778円となります。

金額換算できない内装色などを除いて、本来メーカーオプションとなる装備だけで税込178,750円にもなるので、明らかにお得と言えます。

ハンズフリーパワーバックドアの価格だけでその他の装備が付いてくるようなものです。

ただし、特別仕様車はベースグレードがベースであることから、個人的には魅力に乏しいと思っています。

最近のレクサス車のアイデンティティーである三眼フルLEDヘッドランプ(+アダプティブハイビーム)や、安全装備で必須ともいえるブラインドスポットモニター[BSM]が装着できない点はかなり痛い。

また、便利・快適装備でも、ステアリングヒーター、シートヒーター(もちろんベンチレーション機能も)、雨滴感知式オート、電動シートといったレクサス車なら標準装備して欲しい装備が省かれているのもちょっと厳しいかなという印象。

UXに色々オプションを追加すると、結局NXの”I package”とそんなに変わらない価格になりますので、それなら使い勝手、満足度でNXのほうが断然高いと思います

もちろんサイズに魅力を感じているのであればUXは選択肢になりえるので、個人的には快適装備満載な“version L”や”F SPORT”をオススメしたいです。

結論、どうしてもお得にレクサス車またはレクサスUXに乗りたい人以外は手を出さないのが無難と言った感じかと思います。

【レクサスをご検討の方へ】既存オーナーからの紹介キャンペーン

レクサスでは基本的に車両本体・メーカーオプションの値引きはゼロですが、既存オーナーからの紹介を受けることによって、ディーラーオプションのサービス等の特典が受けられます(ディーラーによりますが…)。

既にご連絡をいただいた複数のオーナー様をご紹介させていただいておりますが、当方からディーラーのご紹介が可能ですので、レクサス車をご検討中の方はお問い合わせよりご連絡くださいませ。

詳しくはこちらをご覧ください。

新規記事が公開された際のお知らせメール配信サービスを開始しました。
新規記事公開通知の登録/登録解除はこちら

記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

レクサス車の購入をご検討中の方へ

レクサスでは基本的に車両本体・メーカーオプションの値引きはゼロですが、既存オーナーからの紹介を受けることによって、ディーラーオプションのサービス等の特典が受けられます

紹介キャンペーンの詳細はこちらにまとめています。

当方からディーラーのご紹介が可能ですので、都内近郊でレクサス車をご検討中の方はお問い合わせよりご連絡くださいませ。


愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら2つのサイトで見積を依頼してみました。

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。

実際に加入した私の保険見積書も公開しております!