レクサスNX2018年カスタマイズ満足度ランキング

レクサスNX2018年カスタマイズ満足度ランキング

2018年もいよいよ終わりですね。

今年は3月末にレクサスNXを納車して以来、色々カスタマイズをしてきました。
いずれもどこを弄ったのか一見しても分かりにくいものばかり…笑

今年最後の記事になりそうなので、今年行ったカスタマイズのうち、満足度の高いものをランキングでまとめて締めくくりたいと思います

ランキング1位〜3位

第3位 社外品ランニングボード
社外品ランニングボード

第3位は年末に取り付けた社外品ランニングボードです。

大型商品で満足度高いというものありますが、このランニングボードに関してはほぼ国内未流通ということで、他のNXとの差別化が出来ているのが大きな理由です。

大型商品を個人輸入する苦労はありましたが、装着後の満足度はかなり高いです。

第2位 イージーオープンキット
イージーオープンキット

第2位はコムエンタープライズのイージーオープンキットです。

“version L”のハンズフリーパワーバックドア相当の装備が約1万円で後付けできるのが満足度が高い理由
パワーバックドアを開けるときは、手が空いていてもわざわざ足を入れて開けるようになりました笑

第1位 Craftsman DRL KIT
Cragtsman DRL KIT

2018年度の第1位はCraftsman DRL KITです。

装着は大変でしたが、強発光するデイライトの満足度は非常に高いです。
L字のポジション・デイライトはレクサスのデザインアイコンとしてすっかり定着した感がありますが、このDRL KITを装着することで、昼間の光量が2倍になり、存在を主張するようになります
もちろん見た目は純正のままですので、派手すぎるということもありません。

ランキング4位以下

以上が今年のトップ3ですが、惜しくも(?)トップ3には入れなかったカスタマイズもご紹介します。

第4位 ブレーキキャリパー研磨&塗装
キャリパー塗装したフロント

惜しくも入賞できなかった第4位はブレーキキャリパー研磨塗装これも時間がかかって苦労したカスタマイズです。

特注のフォルクスワーゲンアトランティックブルーメタリック(LC5B)で塗装したブレーキキャリパーにホワイトのロゴステッカーが映えます
NXの純正18インチとの相性はもちろんいいのですが、スポーク間の隙間が大きいRX純正18インチを履いているとより目立ちます。

スタッドレス用のRX純正18インチホイール
第5位 オーディオユニット&カップホルダーイルミネーション
オーディオイルミネーション
カップホルダーイルミネーション

第5位はオーディオユニットとカップホルダーにインストールしたイルミネーション
イルミ類が少ないNXの車内が華やかになりました。

番外編:実用ランキング

上で挙げたような外見上の変化はないのですが、実用的で日々利用しているカスタマイズです。

第1位 ディーラーオプションテレビナビキット(テレビキャンセラー)
ディーラーオプションテレビナビキット

ディーラーオプションとして装着したので自分で取り付けたわけではないのですが、基本的にNXに乗ってる間はMVを流していることが多いので、テレビナビキットには常にお世話になりっぱなしです

第2位 オートブレーキホールド&アイストキャンセル(スイッチ押し太朗)
ブレーキホールド

実用カスタマイズの第2位は、スイッチ押し太朗でオートブレーキホールド&アイストキャンセルを自動でONにするカスタマイズです。
毎回エンジンONのたびに押さなくてはならない手間を省いてくれるので、地味に毎回使っていることになります

第3位 オートパーツ工房ワンタッチウインカー
ワンタッチウインカー

第3位はオートパーツ工房のワンタッチウインカーがランクイン。
ちょっとした車線変更時に少しウインカーレバーを傾けるだけで3回点滅してくれる優れもの。
レクサスが標準装備するのはいつになるのでしょうか…。

2018年のまとめとご挨拶

一覧を見ていると、3月末に納車して以来8ヶ月で結構いじりましたね。

概ね国内で入手出来るパーツで装着したいものは装着したのですが、まだ実施していないものも一部ありますので来年はそれに取り組む予定です。

あわせて、まだドアトリムが届いていないというのに、また個人輸入でパーツをいくつか手配してしまいました。
ポン付けのお手軽アイテムではありますが、ランニングボードに続いて、国内初登場になるのではないかと思っています

やり尽くしたなと思っていても、ちょくちょくやりたいことは出るものですね笑

今年はNXの購入にあわせてブログを始め、半年で独自ドメイン&WordPressへの引っ越しも行いました。

拙いブログではありますが、参考にしていだだいている方もいらっしゃるようで、お役に立っているのであれば何よりです。

来年も頑張って更新していきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

皆さまよいお年をお迎えください。



記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 車ブログへ
↑クリックいただけると励みになります!

愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

それは「自動車保険の見直し」です。

車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
位置づけは”任意”保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
(個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

ちなみに当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

東京海上との差額は何と4万1,320円

同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
具体的にはこちら3つのサイトで見積を依頼してみました。

自動車保険一括見積もりサービス インズウェブ(SBIホールディングス)
楽天自動車保険一括見積もり
自動車保険一括見積もり依頼サービス 保険スクエアbang!

加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。
同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
(早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました。)
電話での営業もないので安心笑

そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

できればお世話になりたくはない一方で非常に重要な自動車保険。少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。
万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください。
実際に加入した私の保険見積書も公開しております!